ICOとは

まずICO(Initial Coin Offerings)について説明します。

ICOとは、企業がトークンというオリジナルの仮想通貨を発行し、それを販売することで、資金調達を行う方法のことです(厳密には仮想通貨とトークンは違いますが、概ね同じ意味です)。

資金調達という点で株式と似たようなものです。

最近は、株式公開(IPO)よりも、簡単に資金調達が出来るので、ICO案件が急増しています。

ICOプロジェクト内で購入したトークンは利用することが出来ますが、発行されたトークンが値上がりすれば、利益を得ることが出来ます。

トークンがあっという間に売り切れたりすると、稀少価値が高まり、価格の高騰が期待出来るので、参加者が急増しました。

しかし、急増したICO案件の中には、詐欺やプロジェクトが頓挫してトークンが無価値になったり等、社会問題ともなりました。

COMSAとは

COMSA(コムサ)とはZaifを運営するテックビューロが提供した日本初・日本最大・世界歴代第7位のICOプロジェクトです(COMSAのICOは約109億円を調達した超大型ICOとなりました)。

COMSAは、「塊(こん)」と「鎖(さ)」という日本語を組み合わせた造語で、「ブロックチェーン」とかけたそうです。

COMSAの目的は、Bitcoin、Ethereum、NEMの技術を使って、企業がブロックチェーン技術を導入するのをサポートしていくことです。

ちなみにプレセールは、2017年9月9日から9月21日の間、トークンセール2017年10月2日から11月6日の間行われ、約109億の資金調達に成功し、世界第7位(当時)の大規模な調達を記録しました。

COMSAの公式サイトでは、

COMSA は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

と説明されています。

COMSA将来性

COMASAはICOとして多額の資金調達に成功しましたが、その将来性はかなり嘱望されています。

今後、日本のICO市場でCOMSAの存在はどんどん拡大していくことが予想されます。

企業とブロックチェーン技術の隙間を埋めることをCOMSAは目的としており、COMSAを企業側が利用するメリットとして、株式上場(従来のIPO)と比較しても資金調達等の敷居が低い上に、ブロックチェーン技術を使用することで改ざんが不可能といったメリットがあります。

ICOを成功させるためのCOMSAの役割

COMSAの目的

ICOは、オリジナルのトークンを発行・販売し、資金を集めることです。

ICOを成功させるためには、「ホワイトペーパーの作成」、「ブロックチェーンの導入」、「広告宣伝」、「トークンセールの実施」等、やらなくてはならないことが色々とあります。

(ホワイトペーパーは、ICOの説明書みたいなものです。

このICOではこういったことを目指していて、発行されたコインはこういった用途で使えたりする、と言ったこと等が書かれていて、ICOに投資をする際の(コインを購入する時の)判断材料になります)。

ホワイトペーパーの作成やブロックチェーン技術の導入等がネックとなって、ICOを行いたくても多くの場合、(経験や技術不足により)どうすればICOを成功させることが出来るのか分かりません。

COMSAは、ICOを成功させるための最適なソリューションの提供を目的としています。

発行されたトークンのサポート

ICOで発行されたトークンを購入したけれど、売買する取引所がなければ、ほとんど取引が行われないので、後にそのトークンは衰退してしまいます。

COMSAは、発行されたトークンを仮想通貨取引所Zaifに上場させるとしており、トークンは発行後の市場が約束されているため、(現行の仮想通貨やトークンと同じようにトークンの取引が出来るので)活発な取引が期待出来るでしょう。

COMSAの今後

COMSAプロジェクトの今後は、ビットコインやイーサリアム、ネムのブロックチェーンと、mijinによる複数のブロックチェーンを連動させるサービスが実施予定です(mijinについては今後記載します)。

また、価格変動の少ないトークンを発行して、ブロックチェーン上での取引の実現を目指しています。

COMSAトークンの購入方法

COMSAトークンを売買することが出来るのはZaifのみです。

Zaifは、取引手数料がマイナスであることや、色々な種類のトークン等を数多く扱っているので、仮想通貨取引を行うなら抑えておきたい取引所です。

登録をしても、取引が出来るようになるまでに時間がかかるので、気になる方は早めに登録しましょう。

COMSAのホワイトペーパー

初期に提供されるCOMSAのサービス(COMSAのホワイトペーパーから抜粋)

・ブロックチェーン技術、特にトークンを用いたビジネスプランとサービスデザイン。

・既存ビジネスにおけるアセットのサイバースペース上でのトークン化。

・ICOとトークン化におけるリーガルサポート。

・他言語のホワイトペーパー作成。

・クラウドセールプラットフォームを用いたトークンの作成と販売。

・Zaif取引所でのマーケット提供。

・オンプレミスもしくはクラウドBaaS環境での、内部勘定システムのためのプライベートブロックチェーンmijinの提供。

・NEMパブリックブロックチェーン上で、法定通貨建てと主な暗号通貨建てでの商取引を可能とする、ネットワークフィー委任サービスとペッグされたトークンの提供。

・NEMブロックチェーン上でのスマート・サイニング・コントラクトの開発。

・Ethereumブロックチェーン上でのスマート・コントラクトの開発。

ICOで集めた資金の使い道(COMSAのホワイトペーパーから抜粋)

・COMSA(コムサ)のICOトークンセール基盤プラットフォームの開発。

・COMSA COREの開発。

・COMSA HUBの開発。

・暗号通貨ペッグのトークン開発。

・法定通貨ペッグのトークン開発。

・Zaif取引所の完全な他言語化とサポート体制の整備(英語、中国語など)。

・Zaif取引所におけるERC-20トークンとNEM MOSAICトークンの円滑な上場プロセスの整備。

・全ての通貨に対する/XEM と/ETHペアの追加。

・COMSA(コムサ)ソリューションとそれに関連するサービスのPRとマーケティング。

YouTube

COMSA - 実ビジネスのブロックチェーン技術導入を支援するICOソリューション - YouTube

出典:YouTube

時価総額

仮想通貨取引所Zaifについて

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ICOのプレセールとは?

ICOのプレセールについて説明します。

ICOや仮想通貨投資の詐欺について

ICOや仮想通貨投資の詐欺が多発しています。今回は、「ICOや仮想通貨投資の詐欺について」です。

【PR】スマートコントラクトを搭載した、匿名通貨Quras(キュラス)について〜前編…

匿名通貨Quras(キュラス)について紹介します。スマートコントラクトを搭載し、匿名性も最大限に高まっている…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア