ICO(Initial Coin Offering)や仮想通貨投資にまつわる詐欺が多発しています。

「お金の集まるところにやってきて詐欺師は一儲けしようとする」、といいますが、これも「仮想通貨市場には大金が集まり、新規参入者も多く市場は成長過程である。そして規制をする明確な法律がない」という理由から詐欺が多発しているのでしょう。

特に仮想通貨市場への新規参入者は、投資の経験が無い人も多いので、詐欺師達からターゲットにされてしまいます。

「絶対に儲かる仮想通貨を教えます!」

「投資したお金が確実に数百倍以上になるICOを教えます!」

世の中に確実に儲かるなんてことはありませんし、こういった甘い話はほぼ詐欺です。

甘い文句につられてやってきた仮想通貨初心者の人は、お金を集めるためだけのICOや勉強しましょう等というセミナーに参加するうちに、詐欺師に洗脳され、気が付くと多くのお金を払ってしまっていた、という話も非常に多く聞かれます。

ICOとは?

よく詐欺に利用されるのがICOです。

ICOは「Initial Coin Offering」の略で、簡単に説明すると、新たに仮想通貨を開発するために、資金を集めることです。

ブロックチェーン技術にもとづくシステム開発をしたいけれど、開発費が足りない・・そんな時に開発者がICOを実施してコインを発行して、それを売って資金を集めます。

システムの開発が進んで、コインがお得に利用できるようになれば、コインが取引所に上場されるようになり、コインに金銭的な価値がつくようになります。

ICOが実施され、何故ICOのプレセールでコインを購入をする人がいるのかというと、プレセールで販売されるコインは実際に市場で売りに出されるよりも安く販売されるためです。

コインの価値が高騰すれば、投資をした金額が大きなリターンとなって帰ってきて、大きな利益を得ることができるからです。

しかし、新たな資金調達方法として注目されているICOですが、ICOを利用した詐欺が横行しており、投資を行う際は注意をしなければなりません。

ICO詐欺の流れ

詐欺師は、投資家をだますために、色々な手段を行ってきます。

ICO詐欺では、詐欺師が、「実現すれば皆が喜びそうなシステムが開発中。資金を集めるために発行されるコインは取引所に上場予定。コインは確実に高騰する」等と甘い文句でだまそうとしてきます。

ICOのホワイトペーパーや公式ホームページ等を作り込みをしっかりしておき、投資家に詐欺だとバレないように工夫をします。

ICOのプロジェクトは、イーサリアムを利用して実施され、ICOへの参加はイーサリアムが支払いに使用されるケースがほとんどです。

これまで、詐欺のパターンとして、ICOで資金を集めるだけ集めた後、プロジェクトの運営と連絡が一切とれなくなってしまうケースが主なパターンでした。

しかし、「ICOで投資したお金と引き換えに発行されたコインをもらい、そのコインが約束通り取引所に上場したまでは良いけれど、ロードマップどおりに開発が進まず失敗に終わり、上場した取引所からもコインがなくなってしまって何の価値もなくなってしまう」という詐欺とはいい切れないケースもあるので注意が必要です。

日本の仮想通貨がらみの詐欺では、「クローバーコイン」が有名です。

一度、香港の取引所に上場した後に、リストから消えていました。

有名な詐欺コインであり、再度価値が上昇することはないでしょう。

クローバーコインについては、今後改めて公開をしていきます。

仮想通貨投資詐欺の集客方法

現在日本で行われている仮想通貨詐欺は、アフィリエイト(成功報酬型広告)により集客をするのが流行っています。

例えば、詐欺師が広告主として、「絶対に儲かるプロジェクト」という広告媒体を掲載してくれるインターネット上のサイト運営主を募集し、客引きが成功したら1人につき成功報酬を3000円払う、という広告を出します。

サイトの運営主がサイト内に詐欺師の広告を掲載します。

そのサイトの訪問者がその広告を見て、「絶対に儲かるプロジェクト」の登録をしてしまったとします。

すると詐欺師は、登録してしまった人が喜びそうな「絶対に儲かる」という情報を、何度も送ることにより、次第に洗脳をしていきます。

洗脳されてしまった登録者は、後に大金を支払ってしまいます。

仮想通貨投資詐欺の集客の流れは大体このような感じです。

個人情報は転売され、別の詐欺師から新しい投資案件の案内が届く恐れがあります。

ICO詐欺チェックポイント

●公式ホームページがない

●ホワイトペーパーがない(日本語のホワイトペーパーのみで、外国語のホワイトペーパーがない)

●ホワイトペーパーがでいいことしか書かれてない(抽象的なことや綺麗ごとばかり)

●コインを支持するコミュニティや掲示板がない

●ICOチームや開発者の名前が不明またはICO関係者の名前を調べても、結局不明

●セミナーに参加しても情報が薄い

●セミナーの雰囲気が悪い(他の客がサクラの可能性)

●発行されるコインの値上がりを保証している

ICO案件に参加することを検討している場合は、これらのチェックポイントをしっかりと把握したうえで、十分すぎるくらいに下調べを行い、絶対に詐欺にひっかからないようにして下さい。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

日本最大級のICO情報サイト「COINJINJYA」とは?

日本最大級のICO情報サイト「COINJINJYA」の紹介です。

ICOのプレセールとは?

ICOのプレセールについて説明します。

「暗号キッド」と呼ばれる11歳アメリカの天才少年ジョージ・ウイックナー

11歳の少年がICOを立ち上げて2000イーサリアムの調達をしようとしています。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア