BINANCEは、2017年に誕生したばかりの中国の仮想通貨取引所ですが、2017年12月には仮想通貨の取引高が世界1位になり、瞬く間に世界一の仮想通貨取引所となりました。

BINANCEは、過去に日本語対応していましたが、現在は対応していません(BINANCEが日本で無登録で営業していて、金融庁が警告を行ったことが原因であるとされます)。

登録ボタンをクリックするとこのような画面が出てきます。botなどでアカウントを作るのを敬遠してのことでしょうね。

BINANCE(バイナンス)とは

金融庁は世界最大の仮想通貨交換業者とされ、香港に本社を置くバイナンスに改正資金決済法に基づく警告を出す方針だ。同社は無登録のまま日本で営業しており、投資家が損害を被る恐れがあると判断した。営業をやめなければ、警察当局などと連携して刑事告発する。無登録業者の監視により違法行為を摘発し、仮想通貨の健全な取引環境を整える狙いだ。

それでもBINANCEは、日本の取引所では扱っていないアルトコインを多数取り揃えており、海外の取引所の中では使用しやすい取引所といえます。

BINANCEの特徴

手数料がとても安い

BINANCEの手数料は0.1%と非常に安いことで有名です(他の海外の取引所と比べても安価です)。

さらに、BINANCEが独自に発行しているBNB(BINANCE COIN)というトークンを使うと手数料がさらに半額の0.05%と、非常にお得に仮想通貨を購入することができます。

取り扱っているコインの種類が豊富

BINANCEでは日本の取引所では購入できない多数のアルトコインを購入することができます(時価総額の高い有名な仮想通貨からマイナーな草コインまで様々です)。

アルトコインの中には、価格変動が激しく、大幅に価格上昇を遂げるコインも多々あるので、将来大化けするコインを探したりしたい人や積極的にコインのトレードをしたい人にとって、オススメな取引所です。

ビットコインのハードフォークに対応

BINANCEは、2017年8月1日にビットコインがハードフォークして、ビットコインキャッシュが誕生した時に一早く対応した取引所として有名です。

ビットコインのハードフォークとは、ビットコインのブロックチェーンが分裂して、新たな種類のビットコインが生まれたことをいいます(ハードフォークは、ビットコインに限らず、他の仮想通貨でもブロックチェーンの分岐により起こりえます)。

この時BINANCEは、ハードフォークした時に既存のビットコインを所持していれば、新たに分裂して生まれたビットコインを無料でもらうことができるという措置をとりました。

ハードフォークして、新たなビットコインが誕生しても、そのビットコインを取り扱うかどうかは、取引所次第となります。

例えば、日本では現在、ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所はあります。

しかし、ビットコインキャッシュ以降にハードフォークした、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンド等は、BINANCEではすぐに取り扱われましたが、日本の取引所では現在でも取り扱っていません。

BINANCEは、公式Twitterで「すべてのハードフォークに対応する!」とツイートしました。

上場させたいコインを推薦できる投票機能

BINANCEのオリジナルの試みとして、ユーザーがBINANCEで新しく取り扱って欲しいコインを推薦して決定する投票機能があります(「Community Coin of the Month」という名称)。

投票は不定期に実施されており、これまでも色々な種類のアルトコインが投票によって取り扱われてきました。

非常に強固なサーバー

日本の取引所であるbitFlyerやZaifが、アクセスの集中によってサーバーが落ちてしまいまったのに対し、BINANCEはアクセスが集中しても耐えられる強固なサーバーを有しています。

BINANCEは、世界最大のプラットフォームになることを目標としています。

BINANCEの登録方法

BINANCEの登録は、日本の取引所とは異なり、本人確認でハガキを受け取る必要がないので、即日利用が可能です。

メールアドレスとパスワードの入力

上記のBINANCE公式サイトにアクセスします。

画面右上にある「Register」をクリックします。

「Email(メールアドレス)」と「Password(ログイン用のパスワード)」、「Confilm Password(パスワード確認用)」を入力します。

「Referral ID(optional)」には何も記入せず、「I agree to Binance’s Team Of Use(利用規約の同意欄」のチェックボックスにチェックを入れて同意し、下の「Register(登録)」をクリックします。

パズルをスライドさせる作業を行う(ロボット確認)

「Dran the left slider to verify」の左側の〇(マル)をクリックしてホールドしたままスライドさせます。

パズルが出現するので、ピースを出来るだけ正確に穴に当てはめるようにスライドさせます。

メールアドレスのアカウントを有効化する

すると、先ほど登録したメールアドレスに上記のようなメールが届くので、「Verify Email」をクリックします。

「Login」をクリックすると、メールアドレスとパスワードを入力して取引を始めることができます。

二段階認証の設定

二段階認証はセキュリティの基本なので、必ず設定しましょう。

スマートフォンのSMSによる認証は、中国の電話番号以外は対応していない場合があるので、二段階認証アプリで二段階認証を設定しましょう。

マイページから二段階認証を設定します。

「Google Authentication」の「Enable」をクリックします。

Google Authenticationというアプリを利用して2段階認証を行うので、まだ入手していなければダウンロードしておきましょう。

アプリをダウンロードしたら、「Next Step」をクリックします。

次にQRコードとコードが表示された画面になります。

スマートフォンにダウンロードしたアプリを開き、アプリでQRコードをス読み取ります。

読み取る方法は、アプリを開いて右上の「+」を押し、「バーコードをスキャン」というところを押すとQRコードを読み取るカメラが起動します。

QRコードを読み取ると、アプリ内にBINANCE専用の6桁の数字が表示されます。

30秒毎に数字が切り替わり、ログインの際は、IDとパスワードの入力後にこの6桁の数字を入力します。

設定を終えたら、「Next Step」をクリックします。

二段階認証アプリのバックアップキーがあるので、必ずメモをしておきましょう(スマートフォンが故障した時など、新しいスマートフォンで2段階認証アプリを復旧する時に必要なバックアップキーです)

次に進むために、「Next Step」をクリックします。

上から順番に「バックアップキー」、「ログインパスワード」、「二段階認証アプリの数字」を順番に入力します。

入力後、「Enable Google Authentication」をクリックすれば、二段階認証の設定は終了です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

bitbank(ビットバンク)の特徴・登録方法・口座作成方法

bitbankは、安い手数料でアルトコイン取引が行える取引所であり、リップル(XRP)が日本円で取引できる点…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア