二酸化炭素削減取引にブロックチェーン技術導入の流れ

2018年5月25日、株式会社電力シェアリングは、環境省が開催した事業課題検討会で、「ブロックチェーンを使って一般消費者間で二酸化炭素の削減量を取引するプロジェクト」の概要を明らかにしました。

「二酸化炭素削減量の取引制度」は、これまで企業間取引が中心であり、一般消費者は取引が行いにくい制度でした(一般消費者が参入しないことから、年間2,000億円ほどの量が価格がつかずに消費されていました)。

株式会社電力シェアリングは、削減した二酸化炭素量を太陽光パネルで測定し、これをブロックチェーンを利用して個人間で売買を行う実験を6月末から開始する考えを明らかにしました。

今回のプロジェクトの中で最大の試みは、二酸化炭素削減量の取引に参加する個人情報の一部をブロックチェーンにより可視化することにより、取引に付加価値をもたらして取引を活性化する狙いがあるそうです。

現行の二酸化炭素削減の取引制度では、売買する相手を選択することができないが、ブロックチェーンを導入することにより売買相手の選択をすることができるようになります。

また、ブロックチェーン技術の導入により、

・手間やコストの削減となる。

・売り手と買い手のコミュニケーションが可能になる。

等のメリットが挙げられます。

今回、環境省が実施した事業課題検討会第1回では、上述した電力シェアリング及び東京都千代田区のデジタルグリッド株式会社の提案が採択されました。

今後、課題検討会の第2回目は6月末に開催される予定です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨に対し、厳しい措置を継続の姿勢(中国人民銀行)

仮想通貨に厳しい措置を継続中の中国だが、人民元を保護する為に同様の措置を継続すると、中国人民銀行が声明を発表…

「投資の神様」ウォーレン・バフェット氏がビットコインに対する批判的な立場を変えず

「投資の神様」と呼ばれるウォーレン・バフェット氏が今年もビットコインに対する懐疑的な立場を変えていないことが…

金融庁からLINEグループの子会社LVCが仮想通貨交換業のライセンス取得

2019年9月6日、金融庁が大手SNSサービス会社LINEグループの子会社LVCに仮想通貨交換業のライセンス…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア