仮想通貨はバブルなのか?

2017年12月から今年1月にかけて、仮想通貨は高騰したことは記憶に新しいです。

2017年は、多くの人が仮想通貨のことを知った年であるといわれ、仮想通貨のことを知らなかった人がそれまで大多数でした。

しかし、高騰してから下落するのもあっという間で、コインチェックのネムハッキング事件やその他業界のネガティブな要素も重なり、仮想通貨の相場は、1BTCが2万ドルを超えた水準と比べると、今は冷え込んでいます。

「仮想通貨はバブルだ!」なんてことがよく言われます。

「仮想通貨はバブルだ!」という人は、昨年末から今年1月にかけて仮想通貨が高騰した後下落したことをはじめ、仮想通貨の現在の価格についても「バブル」だといいます。

「仮想通貨はバブルなのか?」は誰にもわからない

「仮想通貨はバブルだ!」といっている人は、は「仮想通貨は価格の変動が激しくて怖い、いつか価値がなくなる」と考えているのに対し、「仮想通貨はバブルではない」といっている人は、「仮想通貨やブロックチェーンは革新的な技術で、今後世界に浸透していく。価値は上がる」と考えているのかもしれません。

しかし、仮想通貨がバブルかどうかは、バブルが弾けた時にわかるのであって、仮想通貨の適正価格は誰にも分かりません・・現在のところは・・。

最初にビットコインが誕生して以来、新たな仮想通貨が次々に誕生していき、今では1,500種類以上の仮想通貨が存在していますが、そのほとんどが開発が進んでいなかったり、他と特徴が変わらなかったり、そもそも詐欺であったり等と、将来的に生き残る仮想通貨はほとんどないともいわれています。

「仮想通貨はバブルなのか?」は置いといて・・

仮想通貨に投資をしてみようと思った多くの人は、「仮想通貨は絶対に儲かる」という話や、仮想通貨で「億り人(仮想通貨投資で1億円以上稼いだ人)」になった人の話等を知って、仮想通貨投資を始めたのだと思います。

仮想通貨投資は非常にボラリティが高く、うまくすれば一攫千金が狙えるので、そういった思惑はあながち間違ってはいないでしょう。

しかし、「仮想通貨はバブルか?」とか「「仮想通貨はバブルではない?」等と仮想通貨相場のことを四六時中考えてばかりいると、疲れてしまします。

「仮想通貨はバブルなのか?」は置いといて、仮想通貨やブロックチェーン技術は革新的な技術であることには疑いの余地がありません。

「ITバブル」の時もそうでしたが、周りの技術が追い付いていない間(世界に受け入れる体制が整っていない間)は、新しい技術は「バブル」であると騒がれます。

もしかすると、インターネットのように5~10年後には、私達の生活に仮想通貨やブロックチェーン技術が欠かせないものになっているかもしれません。

今後、世界がその技術を後追いするようについくれば、仮想通貨の価値は上がっていくでしょう。

そういった意味で、将来普及するであろう技術に投資する気持ちで、仮想通貨に投資をしてみてはどうでしょうか(あくまで、余剰資金でお願いします)。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

匿名通貨についての簡単な解説

匿名通貨とは、取引を匿名化して行うことが出来る仮想通貨のことです。ビットコインをはじめとしたほとんどの仮想通…

オススメ!仮想通貨管理アプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」

仮想通貨管理アプリCryptofolio(クリプトフォリオ)を使うと、自分が持っている仮想通貨をポートフォリ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア