リップル社が提供するソリューションやXRPについて解説していきます。

XRPとは

リップルXRPについての動画です(日本語訳なので分かりやすいです)。

リップルXRP Building the Internet of Money 日本語字幕入り - YouTube

出典:YouTube

米サンフランシスコのブロックチェーン企業であるリップル社が、フィアット(法定通貨)や仮想通貨との間をつなぐブリッジ通貨(通貨と通貨の架け橋となる通貨)の役割を担うことを目指して発行した仮想通貨です。

日本や韓国で支持者が多く、新時代における国際送金システムとして利用されることが期待されています。

XRPの技術

XRPに導入されている主な技術を紹介します。

以下の4つの技術があります。

IOU取引

IOU取引のIOUは英語でいうと、「I owe you(私はあなたに借りがある)」の略語です。

IOUは、IOUが使用されているネットワーク内において、お金を預け入れる代わりにIOUが発行される金券のようなものです。

そのIOUを使ってネットワーク内で取引ができます。

これを「IOU取引」といい、リップルの場合はIOUを発行し、行われる取引を信頼できる取引として証明しています。

リップルの場合、IOUはXRPのことで、XRPを介した取引をIOU取引といいます。

XRP Ledger

XRP Ledgerは、送金取引をRippleNetの参加者で分散管理している台帳のことです。

このXRP Ledgerで、リップルの取引データを分散して管理することで、取引データの改ざん防止や、システム管理費の削減、システムエラーやハッキングを防止しています。

ILP(インターレジャープロトコル)

ILP(インターレジャープロトコル)とは、異なる台帳同士がデータ等のやり取りを行うために、あらかじめ決めたルールのことです。

以前は、金融機関や送金方法が異なることによって、膨大な時間や多額のコストがかかっていましたが、ILPを利用することにより、RippleNetを介して、それらの問題が解決されます。

Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)

ビットコインなどの仮想通貨は、マイニングを行い、取引における承認作業を行っていますが、リップルにはマイニングはありません。

リップルの取引承認方法は、Proof of Consensusにもとづき、リップルから選ばれた代表者の中から選出された人が承認を行います。

他の仮想通貨のように、取引の承認を不特定多数のネットワーク参加者ではなく、専門の承認者が行うことにより、迅速な送金が実現可能になっています。

リップルと仮想通貨XRPは違う

仮想通貨XRPは、厳密にいうとリップルとは違います。

一般的に「リップル」と呼ばれている仮想通貨は、リップル社のシステム内で使用されているXRPのことを指します(リップル社が開発した仮想通貨であるからリップルと呼ばれています)。

そんなXRPを開発したリップル社は、ブロックチェーン技術を用いた国際送金ネットワークをサービスとして提供する企業として有名です。

xCurrentとxRapidは違う点に注意

注意しなければならないのが、「国際送金にリップルのシステムが使われる」や「大手銀行がリップルと提携する」といった情報がニュースで取り上げられていますが、これは必ずしもXRPが使用されることには直結しないということです。

XRPを使うシステムはxRapidという技術であって、国際送金や大手銀行がリップルから取り入れる技術はxCurrentという技術です(xRapidやxCurrentについては後で説明します)。

xCurrentを取り入れた企業が、将来的にxRapidへ技術を移行することについても、リップル社と提携をした企業は明らかにしていません(XRPを海外に送金する試験を一部の企業が行っていますが、現在銀行が取り入れる予定を公開していません)。

リップルについて何らかのニュースが流れると、そのほとんどが「リップルのシステム」としてニュースが流れるので、「リップルのシステムが使われるとXRPにとって好材料で、その結果XRPが高騰する」と誤認する人が多いので注意が必要です。

RippleNetとは

リップル社が運営するRippleNetは、リップル社が運営する、国際送金を目的としたネットワークです。

企業がリップル社と業務提携をする時、その企業はRippleNetに参加し、リップル社が提供する「リップル」という金融決済システムを利用します(ちなみにリップル社は、「Ripple Inc」と分けて呼ばれています)。

RippleNetの種類(リップル社が提供する金融決済システムの種類)

xCurrentとは

リップル社が提供する銀行向けの金融決済システムをxCurrentといいます。

RippleNetと金融機関を接続することにより、従来の銀行のような中央集権型のネットワークにたよることなく、低コストで迅速な送金が可能になるソリューションです。

また、すべての送金の状況や履歴が明瞭になり、取引前後の確認が可能です。

xRapidとは

xRapidは、XRPを利用し、新興国市場等への支払いの際に、コストを最小限するソリューションです。

主に、送金業者やその他の金融機関が利用します。

新興国市場への送金等の際、現地の通貨を用意する必要があること等からコストが高くなってしまいます。

xRapidは、XRPをブリッジ通貨とすることにより、コストを大幅に引き下げることができます。

RippleNetの種類の内、XRPが実際に利用されるのはxRapidのみです。

そのため、XRPの価格上昇に最も大きな影響を与えるのが、xRapidの技術を企業が導入するかどうかです。

xViaとは

xViaとは、RippleNetを企業が利用して送金情報を送信するためのソリューションです。

請求書のような重たいデータを添付して送信することができます。

これまでコストや時間が多くかかっていた送金情報の送信を、xViaを利用することにより、低コストでスピーディーに送金することが可能になります。

xViaは、多くのネットワークに送金したい企業や銀行が利用するとされています。

Xpringとは

2018年5月14日に発表された新プロジェクトです。

Xpringは、XRPやXRP Ledgerは、速度やスケーラビリティ等、優れた能力を有しているので、これら用いて企業やプロジェクトに対し、融資や支援、買収、補助金を提供することにより、XRPやXRP Ledgerの今後の普及を目指していきます。

今後、多くの企業が支援され、XRPやXRP Ledgerを使用していくことにより、将来的に色々な可能性が拓けてくるかもしれません。

リップル公式サイト

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

Yahoo!ファイナンスが選出する「今年の企業」にスクエアが選出される

Yahoo!ファイナンスが選ぶ「今年の企業」にSquare(スクエア)が選ばれました。

2018年今後の仮想通貨市場の予想(仮想通貨アプリAbra(アブラ)CEOビル・ハー…

多くの専門家が厳冬状態の仮想通貨市場に対し、警戒しているのに対し、ポジティブな予想を展開しています。

三菱UFJフィナンシャル・グループが開発するMUFGコインとその今後

三菱UFJフィナンシャル・グループがブロックチェーン技術を活用してMUFGコインの発行を今後計画していますが…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア