DPoSとは

DPoSはコンセンサスアルゴリズム「Delegated Proof of Stake」の略です。

代表的な仮想通貨は、イーサリアム(ETH)やイオス(EOS)等が挙げられます。

POS(Proof of Stake)は、通貨の保有量が多いほど取引を承認できる仕組みなのに対し、DPOSは通貨の保有量によって投票する権利が与えられ、その投票で選出されたノードが承認を決定するコンセンサスアルゴリズムです。

選挙制度みたいなイメージで、保有している通貨が多いノードに投票権が与えられ、通貨保有者の中で承認者に立候補しているノードに対して投票を行います。

そして選出されたノードが承認者となって報酬が得られる仕組みになっています。

DPoSは投票で承認者を決定することから、より民主的なコンセンサスアルゴリズムであるといわれています。

またDPoSは、PoWのように膨大な計算処理をして承認者を決定するのではないので、承認スピードが速く消費電力が少ないというのもメリットです。

DPoSの問題点

メリットが多いDPoSですが、取引を承認者を決定する投票を行う上で、立候補している人達や通貨を大量に保有する人達が集まって自分たちの意に沿うような立候補者を選出したりするといったことも可能であるため、データの改竄などといった、不正な取引も起こりえます。

民主的な仕組み(コンセンサスアルゴリズム)ではありますが、中央集権的になりやすく、取引の承認をコントロールできる危険性はないとはいい切れない点がデメリットです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

Burn(バーン)についてザックリと説明

Burn(バーン)とは、英語では「燃やす」という意味ですが、仮想通貨に用いられるBurnは、法定通貨の紙幣を…

仮想通貨を発掘するマイニングについてザックリ説明します

コンピューターに複雑な計算をさせることにより、マイニング報酬を仮想通貨で得られます。 今回は、マイニングにつ…

「仮想通貨はバブル」なのか?

よく「仮想通貨はバブルである!」ということを聞きます。それに対し、「仮想通貨はバブルではない」という反対意見…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア