HitBTCが日本居住者に対して、サービスの利用を制限すると発表

2018年6月2日、イギリスの大手取引所HitBTCが自社HPや利用者へのメールで、「日本居住者の取引所利用を一時的に制限する」と発表しました。

日本からの利用者のIPアドレスに、HitBTCからメールが送信されてくるので、受信してから14日以内に、取引所利用者が「日本居住者でない」ことをHitBTCに対して証明できない場合、利用者はサービスを受けられなくなるとのことです。

HitBTCは、2018年6月2日現在で、1日あたりの取引高300億円以上、世界で7番目に取引高が高い大手取引所であり、時価総額が低い草コインが多く取り扱われているので、日本人の間でも人気のある取引所でした。

HitBTCが今回、「日本居住者の取引所利用を一時的に制限する」ことを発表した経緯には、2018年3月に、金融庁が世界最大の取引所Binanceに資金決済法に基づく警告を行ったという、金融庁の仮想通貨市場に対する厳格な姿勢によるものだといわれています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

中国の中央銀行、ブロックチェーンプラットフォームを発表

ブロックチェーンの実装を世界で初めて実現したと発表がありました。

「仮想通貨交換事業に関する研究会」(第4回)が開催

第4回目の研究会では、マサチューセッツ工科大学の伊藤教授や元CFTC(米商品先物取引委員会)委員長でありマサ…

アメリカ中間選挙において、ブロックチェーンの投票アプリ導入へ

2018年8月6日、アメリカのウェストバージニア州が、海外のアメリカ兵を対象に、ブロックチェーン技術を利用し…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア