SBI バーチャルカレンシーズが仮想通貨の現物取引を開始

2018年6月4日、SBIホールディングスの完全子会社のSBIバーチャルカーレンシーズが「VCTRADE」という仮想通貨の現物取引サービスの提供を開始したと発表しました。

現物取引は、XRP(リップル)と日本円ペアのみを当面は取り扱うようです。

SBI ホールディングス株式会社の 100%子会社で、仮想通貨の交換および取引サービスを提供する SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社(本社:東京都港区、仮想通貨交換業登録番号:関東財務局長 第 00005号、代表取締役社長:北尾 吉孝、以下「SBI バーチャル・カレンシーズ」)は、本日 2018 年 6 月 4 日(月)より、正式に仮想通貨の現物取引サービス「VCTRADE」の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。
当社は、2017 年 9 月に仮想通貨交換業の登録を完了し、かねてより開業に向けて準備を進めてまいりました。このたびのサービス提供の開始にあたっては、まずは 2017 年 10 月に先行予約で口座開設のお申込みをいただいた 2 万名超のお客さまを対象としてサービスを開始し、取引に必要なパスワード等を郵送で順次お届けいたします。なお、一般の口座開設のお申込み受付は 2018 年 7 月中の開始を予定しております。
取扱い仮想通貨としては、まずは先行して XRP を取り扱い、順次、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)へと拡大することを予定しております。業界最低水準のスプレッドはもちろんのこと、SBI ジャパンネクスト証券の PTS において運用実績のある、米国の大手証券取引所 NASDAQ の取引システム(マッチングエンジン)を利用した世界最高水準の低遅延な取引環境をご提供いたします。
なお、セキュリティにつきましては、セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山 泰男)のグループ会社で BPO・ICT 事業を担うセコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:林 慶司)とウォレットの運営に関して提携し、万全の体制でのサービス提供に努めてまいります。

今後は先行予約しているユーザーを対象としてサービスを開始し、口座開設の申し込みは7月からスタートし、先行予約の時点で既に2万人が口座開設しているそうです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

イーサリアムのハードフォークが無事に完了。PoS採用に向けて前進

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアムの大型ハードフォークでが実行されましたが、現在(2019年3月1日)のと…

Sound Blockchain Technology佐藤洸佑と韓国の有名音楽プロデ…

韓国国内には、現在のところ、音楽ファン自らがダウンロードを行なって、音楽を聞くことが出来るプラットフォームが…

ビットコイン取引におけるマネーロンダリングは1%未満である

ビットコイン取引におけるマネーロンダリングは1%未満であるという報告があった。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア