HitBTCが日本で子会社を設立し、ライセンスを取得予定と公式ブログで発表

2018年6月2日、イギリスの大手仮想通貨取引所HitBTC(ヒットビーティーシー)が日本居住者に対するサービスの停止を発表しましたが、翌3日、HitBTCは公式ブログにおいて、「サービスを一時的に中止すると発表した理由」は、「将来的に日本国内でHitBTCの子会社を設立し、(日本居住者向けのサービスを実施するために)日本国内で仮想通貨取引を営むライセンスを得るためである」と発表しました。

公式ブログによると、「日本居住者向けのサービス停止」は一時的であり、日本国内で日本居住者向けのサービスを実施するため、HitBTCは子会社の設立に必要なインフラ整備を行っているとのことです。

また、HitBTCは、子会社設立と必要なライセンス手続きの整備のために、日本の法律事務所と提携している旨も発表しました。

公式ブログでHitBTCチームの代表は、以下のように述べています。

2018年6月3日

世界で最も技術的に高度な交換プラットフォームであるHitBTCは、日本にライセンス子会社を設立するための規制インフラを整備しています。

同社は規制当局と協議しており、日本の住民が現在の規制を遵守するための業務を中断することに決めた。

この措置は、最近の日本の金融庁(FSA)による規制変更に対応して行われ、同国に住む人々にのみ適用される。

今年は、HitBTCチームが世界的に認知されている日本の法律事務所と協力し始めました。

その協力は、地元の子会社のセットアップとライセンス手続きを通じてHitBTCを取得し、日本人のサービスを再開することを目的としていました。

同社は積極的に現地事務所を雇用し、2018年第3四半期に日本事業の立ち上げを促進するM&Aの機会を模索している。

「HitBTCのチーム代表は次のように述べています。業界リーダーの中にいるということは、業界の成長に貢献する優れた技術の開発だけでなく、驚異的な責任。

これにはもちろん、ユーザーのセキュリティとより高いレベルのサービスに対する責任も含まれますが、規制への準拠は市場を文明化するために不可欠です。

広範な規制当局の承認を念頭に置いて、我々はビジネスをすぐに再開することはまだ自信があります。

HitBTCは世界中のさまざまな地域の当局と規制当局と緊密に協力してきました。HitBTCチームは、偉大な資源を配分し、APAC地域と今後の地域における成長に重点を置いています。

HitBTC公式ブログ

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ビットコイン取引におけるマネーロンダリングは1%未満である

ビットコイン取引におけるマネーロンダリングは1%未満であるという報告があった。

スイス金融当局がICOの規制ガイドラインを発表

スイスの金融市場監督局(FINMA)は2月16日にICOの規制に関するガイドラインを発表しました。

まだまだ伸びしろあるかも!?仮想通貨を購入したことがある人は4.6%

博報堂金融マーケティングチームが仮想通貨に関する調査結果を発表しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア