日本国内の仮想通貨取引市場にCoinbaseが参入

アメリカ最大手の仮想通貨取引所であるCoinbaseが、三菱UFJフィナンシャルグループと連携し、日本の仮想通貨取引市場の開拓を目指すと日経新聞が報じました。

手始めに、日本国内においての仮想通貨交換業の登録を年内に申請する予定です。

取引所のオープンは来年以降になりそうですが、仮想通貨交換業者に対する金融庁の審査基準が厳格化されていることが原因です(登録審査待は、100件以上といわれています)。

しかし、Coinbaseは、そういった日本の仮想通貨市場の規制強化が、投資家保護の安全性になると判断したので参入を決めたそうです。

2018年6月4日に、イギリスの大手仮想通貨取引所HitBTCが日本の子会社設立に向けて準備をしていると発表がありましたが、HitBTCやCoinbaseといい、日本の仮想通貨市場の大きさは、海外の大手仮想通貨取引所に魅力的に映っているようです。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

世界で仮想通貨ATMが1日あたり約5台の新しく設置される

世界で仮想通貨ATMが1日あたり約5台が新しく設置され、の設置台数は4000台を越えており、仮想通貨市場は下…

「仮想通貨交換事業に関する研究会」(第3回)が開催

仮想通貨やブロックチェーンにはどんなリスクがあるのか、仮想通貨交換業者に対する規制枠組みのあるべき姿について…

韓国政府が自国の仮想通貨取引所をベンチャー企業としての枠組みから除外することを発表

2018年8月13日、韓国政府は、仮想通貨取引所をベンチャー企業としての支援を行わないことを公表しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア