リップル社CEOが2018年中にXRP使用のxRapidを世界大手銀行に導入することを表明

「2018年中に、主要な大手銀行がリップル社の技術「xRapid」を導入する」と同社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏がCNBCのインタビューに答えて、話題になっています。

リップル社は、国際決済サービスを提供するソリューションを複数開発していますが、リップル社が提供する仮想通貨XRPを用いた技術である「xRapid」が大手銀行で用いられると明かにされたのは初めてです(リップル社の技術である「xCurrent」は、スペイン最大の金融機関「サンタンデール銀行」を初めとした世界各国の100以上の金融機関で導入されるなどされてきましたが、「xCurrent」はXRPを用いないので、XRPを用いた技術である「xRapid」が大手銀行に導入されるというのは、XRPにとって将来への第一歩です)。

「xRapid」は、ブロックチェーン技術を用いることにより、国際送金をより迅速・低コストで行うことを実現するために開発されたソリューションです。

2018年5月に、「xRapid」を用いた実証実験結果が発表されて、今後どのように用いられるようになるか注目を浴びていました。

結果として、

・これまで平均2〜3日かかっていた国際決済方法を約2分に短縮。
・決済スピードの向上や外国為替を利用する必要がなくなったことによって、約40〜70%のコスト削減に成功。

という著しい成果がありました。

今回は、金融機関や決済サービスでリップル社の技術が使われるという抽象的な話ではなく、大手銀行が「xRapid」を導入するというより具体的な話なので、期待がされています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

米国証券取引委員会 (SEC)がICOの調査

米国証券取引委員会 (SEC)がICOの調査を開始しました。ICOの規制がより確かなものになっていくとおもわ…

日本の企業が飲食店のレビューにトークン報酬システムを世界で初じめて導入する

2018年8月2日、ブロックチェーン技術とAI(人工知能)を活用し、グルメSNS「シンクロライフ」を運営をす…

株式会社digglue(ディグル)が、ブロックチェーン導入のコンサルティングサービス…

2018年11月15日から、株式会社digglueがブロックチェーン導入のコンサルティングサービスを開始しま…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア