金融庁が業務改善命令。bitFlyer等仮想通貨取引所5社以上が対象か

金融庁は、bitFlyerやQUOINE、ビットバンク、ビットポイントジャパン、BTCボックス等の仮想通貨交換業の登録業者5社以上に対し、検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの内部の管理体制に不備があることが判明したことから、週内にも業務改善命令を出す方針であることが明かになりました。

今回は業務改善命令を受けるのは、すべて改正資金決済法に基づく登録業者であり、預かっている顧客の資産が拡大していることから、金融庁は厳しい姿勢で臨みます。

検査の結果、仮想通貨取引が拡大している現状に対し、取引所の従業員が足りず対応が後手にまわってしまったり、マネーロンダリング(資金洗浄)等の犯罪に絡んだと思慮される仮想通貨取引の確認がずさんだったり、取引所内部の管理体制の問題が相次いで発見される等した。

すでに2018年3月、業務改善命令(システム管理体制の不備による)が出されたテックビューローやGMOコインに対する2回目の処分も行われる見通しである。

JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)によると、2017年に行われた仮想通貨の取引は約69兆円で、2016年から約20倍となり、取引所を利用する顧客は延べ360万人に増加し、取引所の業容の拡大に伴うセキュリティの強化や資金洗浄対策がこれから一層と重要になってくるとしました。

仮想通貨交換業へ新規参入を目指している企業は100社程度にもなり、今後の市場への規制強化は必須です。

今後、金融庁は登録前のみなし業者だけでなく、登録済みの取引業者への行政処分も行い、厳しい登録審査を進めていきます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

銀行ATMの必要性落ちていく〜みずほファイナンシャルグループの坂井社長〜

みずほファイナンシャルグループの坂井社長が「銀行のATMの必要性は落ちていく」と言及しました。

アメリカの有名各大学等が2019年後半に仮想通貨「Unit-e」を開発することを発表

2019年1月17日、スタンフォード大学やマサチューセッツ工科大学、カリフォルニア大学バークレー校等が、アメ…

JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)が「アフィリエイト」や「取引システム」、「アービ…

JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)が検討している「自主規制ルール案」に、アフィリエイト(成果型報酬)広告に…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア