「ブロックチェーン技術の新動向、中国企業の研究開発現状、スタートアップの投資事例勉強会」の概要

■ブロックチェーンは近年に現れた新技術として、特に中国政府に重視されており、その研究開発を国家戦略の一環として位置付けにしました。具体的にブロックチェーン技術はどんな領域に応用できるのかは多くの投資家とスタートアップが関心を持っていることと考えられていますが、今回のイベントにおいて、中国ではブロックチェーン技術を利用しどんな事業を展開しているか(2Bのビジネス)、スタートアップの資金調達状況はどうなっているのかなどを説明いたします。


■スタートアップの資金調達のご相談を承ります


■タイムスケジュール:

18:30~19:00 開場・受付

19:00~19:05 ご挨拶

19:05~19:45 中国のブロックチェーン研究開発の事情、スタートアップの事例説明

19:45~21:00 懇親会 軽食をご用意します(無料)


■開催日程:

6月21日(木曜日)19:00~21:00


■定員:20名


■対象者:

1 VC、投資家

2 スタートアップ


■参加料金:無料


■会場:

東京都渋谷区渋谷2-12-4

ネクストサイト渋谷ビル3F

ブロックチェーン技術の新動向、中国企業の研究開発現状、スタートアップの投資事例説明

アイ・マーキュリーキャピタル株式会社(東京都渋谷区)のオフィスで開催された「ブロックチェーン技術の新動向、中国企業の研究開発現状、スタートアップの投資事例勉強会」にお邪魔しました。

主催者は同社に所属する劉 楊諾氏(リョウ ヨウダク氏)です。

この日の勉強会の開始は19時00分からで、18時30分頃に受付をしてお邪魔しました。

フリードリンク・フリーフードで、プロジェクターを使用したプレゼンテーション形式で行われました。

今回の勉強で取り上げられたことの中で、印象に残ったことを記事化させて頂きます。

最後に懇親会が行われ、終始会場は、フレンドリーな雰囲気でした。

ブロックチェーンとは

「ブロック」と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことによりデータを保管するデータベースのことをいいます。

  • 分散して管理される

特定の管理機関がないため、権限が一箇所に集中することはありません。

  • 改ざんが不可能

暗号化されたデータは不可逆性があるため、特定することはできません。

  • トレーサビリティ

記録されているデータがすべてトレーサビリティを持ちます。

現在用いられているブロックチェーンの種類

パブリック コンソーシアム プライベート
管理者 なし あり(複数) あり(単独)
ネットワークへの参加 不特定多数 特定複数 組織内のみ
トランザクションの承認権利 参加者全体 組織内の複数人 管理者のみ

現在の主流は、パブリックチェーンとなっています。

中国におけるブロックチェーン技術の現状

世界各国がICOに対してレギュレーションをとっており、特に中国では仮想通貨やICOが全面禁止とされています。

その一方で、中国国内において、ブロックチェーン技術を新たな技術として導入しようとしている企業が、2014年から増加し始め、2016年には2015年の3倍に増加し、日々活発になってきています。

ブロックチェーン技術は、AIやビッグデータ、IoT等の先進技術と融合して、今後色々な分野に応用されていくことが予想されます。

しかし、中国のブロックチェーン技術は、まだまだシード期・アーリー期(企業の成長を段階別にした時、準備段階の第1段階をシード期、事業が軌道に乗るまでの第2段階がアーリー期)の企業が大半を占めており、発展途上であるそうです。

ブロックチェーン技術が使用されることが期待される分野

  • スマートコントラクト

ブロックチェーン技術により、企業向けにスマート・コントラクトを提供し、(ブロックチェーン技術を用いた)アプリケーションを開発できます(プロトコルはCITA。イーサリアムをベースとしたプラットフォーム)。

資産登記や金融取引、信用調査、サプライチェーンファイナンス等への利用が期待されます。

  • データサービス

中国におけるデータを提供するサービスの問題点として、

・不完全な法制度やデータ共有する際の安全性に関わる問題

・データ共有する際の安全性に関わる問題

・データをリクエストする側のプライバシーの保護

・中央集権型機構の信憑性についての問題

等が挙げられますが、ブロックチェーンを用いることによって、これらの問題点を克服し、データ取引を行うプラットフォームです。

  • エネルギー

クリーンエネルギー情報をブロックチェーンに記録し、クリーンエネルギー資産情報を公開することにより、コストを削減していきます。

  • ソリューション

農業の全プロセス(農作物が種や苗の段階段階から農家がそれを仕入れて育て、農作物を出荷して市場に流通され、消費者の元へくるまで)をQRコードでブロックチェーン技術により、一元管理をします。

  • ヘルスケア

ブロックチェーンやAI技術を使うことにより、医療データ(患者の病歴・通院歴や薬品データベース、治療方法、薬品説明書、利用規約等)をリアルタイムでブロックチェーン技術により検索可能になります。

  • 保険販売サービスに利用する技術

保険販売サービスをブロックチェーン技術により一元管理します。

具体的に管理するものは、病院間での診療記録の共有や業界のリスクマネジメント、自然科学に関する統計問題等が挙げられます。

  • ハードウェア

マイニング事業に特化したマイニング業界の世界一の企業です。

仮想通貨のマイニングマシンやハードウエアを提供しています。

AI産業に進出し、セキュリティサービスに応用していきます。

  • 仮想通貨取引所

シンガポールを拠点とする大手仮想通貨取引所Huobi Pro(取引可能な仮想通貨の種類は:BTC、LTC、ETH、BCH、ETC、DASHです)。

総括

現在どのような分野にブロックチェーン技術を応用可能なのか、中国では発展の初期段階です。

ブロックチェーン技術単独でのサービスではなく、AIやIoTといった技術と融合して、サービス展開していくことが今後のトレンドとなっていくのかもしれません。

最後に、こういったイベントに参加をすることは、生の色々な声を聞くことが出来ましたし、新鮮な情報を得られることが出来て有意義な時間でした。

今後も、このような有益なイベントにビットチャンス自体も積極的に参加していきたいと思います。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ブロックチェーンのゲームを巡る3社合同ミートアップ「ブロックチェーンがもたらすゲーム…

日本のブロックチェーンにおけるゲーム業界をリードする「アソビモ株式会社」と「株式会社モバイルファクトリー」、…

FinTech Economy Summit(フィンテックエコノミーサミット/FES…

2019年2月27日午後0時より、FinTech Economy Summit(フィンテックエコノミーサミッ…

Blockchain or Money〜株式会社ビットアルゴ取引所東京 代表取締役 …

2018年6月26日〜27日、東京国際フォーラム ホールで開催された「JAPAN BLOCKCHAIN CO…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア