「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」について

概要

2018年はICO元年と言われています。

マイニング元年とも言われています。

全く新しい資金調達の手法として、今、ICO(Initial Coin Offering)が注目されています。

既に今年の5月までにICOされた数は300件を超えています。

ICOの仕組みからICOの現状、ICOの問題点、ICOで成功するポイントを分かりやすく解説いたします。

マイニングが新しい事業として注目されています。

GMOやDMM.com、SBIなどの大手も参入を続々と発表しています。

マイニングの概要やマイニングマシンの分類、最先端のマイニングマシンの紹介などを分かりやすくお伝えします。

ICOやマイニング、仮想通貨、ブロックチェーンに興味のある方は是非ご参加ください。

■会場:渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F(最上階)

■日時: 6月26日(火) 18:45〜20:45

■講演者: 雑賀 美明(さいが よしあき)

 ICOプロデューサー
 ARシステム株式会社 代表取締役会長兼CEO

http://arsystem.co.jp

〈講演者プロフィール〉

戦国時代の鉄砲隊で知られる雑賀衆・雑賀孫市( さいがまごいち) の家系に生まれる。

大手アパレルメーカーのバイヤー、大手広告代理店のクリエイティブディレクター、

IT上場企業のプロデューサーを経て、独立・開業。

現在は10社の会社を経営し、5社の会社の顧問を務める。

ICOは自社の案件が3つ、アドバイザーとして2つのプロジェクトを進めている。

自社の案件ではAIやAR・VR・MRなどのプロジェクトが進行中。

AIアドバイザー、VRアドバイザーとしても参画。

AIでは、ディープラーニングを活用した投資のAIシステムを企画開発中。

テクノロジー×イノベーション×ビジネスのコミュニティ

「AI×VRシンギュラリティラウンジ」を主宰。

http://idobata-salon.com/detail/index/id/31/

VRでは、VRクリエイターとユーザーを繋ぐマッチングイベント「VR Market®」、

VRで結婚式の映像を残すサービス「VR婚®」、

VRコンテンツの撮影・編集・制作のノウハウを教える

「VRクリエイター養成講座」を企画運営。養成講座の無料説明会も開催中。

https://canyon-ex.jp/fx7040/nL7SiI

世界初の画期的なAI×MRシステム、

空飛ぶ車VRシミュレーター、キャラクターのVRコンテンツも企画開発中。

『Tokyo Walker』(東京ウォーカー・KADOKAWA)の新企画「学びウォーカー」特集で、

VR・AR・MRに関する記事を連載。

他にもM&Aコンサルティング、アプリ・ツール・プラットフォームの企画開発、Web マーケティング、会員制ビジネスの企画運営、レストランプロデュースなどの事業を多角的に行っている。

著書に『AI×VRの衝撃〜第4次産業革命からシンギュラリティまで〜』
などがある。

https://www.amazon.co.jp/dp/4896161556/

ソフトバンク戦略パートナー

IBMビジネスパートナー

■講演者: 佐藤 嘉武(さとう よしたけ)

マイニングプロフェッサー

ARシステム株式会社 上級執行役員兼テクニカルアーティスト

http://arsystem.co.jp

〈講演者プロフィール〉

GPUマイニングからASIC、液浸マイニング、スパコンマイニング、マイニングプール、マイニングファームまで、マイニングに関するあらゆる知見と技術を持つ日本屈指のマイニングプロフェッサー。

ゲーム業界で20年以上、2D、3Dデザイナーやプログラマーとしても活躍。

PS1、PS2、PS3、Xbox、VITA、3DS、などのコンシューマ開発を10年以上経験し、ファイナルファンタジーやドラゴンクエストなどの有名な作品の開発にも参加。

スマートフォンの開発も7年間、Android、iOSをメインに、携わったタイトルは20以上。

VRも初期から各種プラットフォームの研究をし、BtoBやBtoCの多数のタイトルや案件の制作に取り組み、VRクリエイターとして活躍。

最近はIBMのワトソンのようなAIの分野にも力を入れている。

セミナー当日~その1~

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」は、渋谷クロスタワー32F(最上階)で開催されました。

講演者は、ARシステム株式会社代表取締役会長兼CEOの雑賀 美明氏(さいが よしあき氏)とARシステム株式会社上級執行役員兼テクニカルアーティスト・マイニングプロフェッサーの佐藤 嘉武氏(さとう よしたけ氏)です。

この日の勉強会の開始は18時45分からで、プロジェクターを使用したプレゼンテーション形式で行われました。

ICOの概要と戦略~雑賀 美明氏(さいが よしあき氏)の講演 ~その1~

  • ICOとは

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)は、ITS(イニシャル・トークン・セール)とも言われ、独自の仮想通貨を創出することによる価値の創出です(その価値を上げ続けられるビジネスモデルがないと難しい)。

2014年2月から第一弾がスタートしました。

ICOは、スタートアップ企業(新しい会社で急成長した会社。日本内には少数)やベンチャー企業(スタートアップ企業と混同されるが、新しい会社のこと)の資金調達に非常に有利です。

2016年から徐々に市場が活性化し、2017年に爆発的にICO市場が大きくなりました。

2018年も既に約800件のICOが予定されており、最大規模のICOであるテレグラム(Telegram)は、約2,000億円の資金調達に成功しています。

しかし、CoinDeskが調べたところ、4年間でICOは世界中で約400実施されましたが、実用化した数は0であり、成功する確率は、1,000分の3であると言われています。

  • ICOが実現できない理由

現在、IPO程ではないにしろICOも去年よりは実施すること自体が困難になってきています。

はじめから詐欺目的だったり、取引所に上場したけれど何もしないというのが実態です(これが投資する側から見たICOの難しさで、IPOのようにプロが精査したものを購入するかどうかだが、ICOは素人が判断しなければならない)。

即座に断っていますが、私のところにも、ICOでお金を集めるだけ集めておいて、「その一部を支払うから、ワイトペーパーにのっているコインを作れないか」という持ち込みがあったりします。

今後、日本でICOが行われた場合、大手企業や金融機関等、ブランド力や資金力があるICOでないと、成功する確率はかなり低いと言えるでしょう。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「ブロックチェーン・レボリューションで転換する私たちの未来 ~ブロックチェーンで私た…

2018年8月7日、東京都千代田区有楽町新有楽町ビル所在の一般社団法人ユースデモクラシー推進機構において、「…

「INNOSILICON社とSAMSUNG社の次世代ビットコイン&イーサリアムマイニ…

INNOSILICON社とSAMSUNG社のマイニングマシンに関する次世代新製品の発表会が行われました。これ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア