金融庁が仮想通貨における法規制の移行を検討

2018年7月2日、仮想通貨取引業者を規制する法律を現行の改正資金決済法から金融商品取引法に移行することを金融庁が検討していることが分かりました。

これまで、改正資金決済法は、仮想通貨取引業者が登録制であること等を定めていましたが、経営が悪化した仮想通貨取引業者が取引所利用者の資産を保護する仕組みなどが不十分でした。

仮想通貨における法規制を金融商品取引法に基づくものにすることにより、規制が証券会社などに適用されるものとなり、利用者保護の強化につなげるものとみられます。

これまで仮想通貨は、改正資金決済法により電子マネー等と同様の決済手段という立ち位置であったが、金融商品取引法による規制対象となれば、金融商品として扱われるようになります。

金融商品取引法は、顧客の資金や有価証券(株式等)を証券会社等に対し、会社の資産と分別管理をすることを義務づけているので、これまで度々あった、仮想通貨取引所内関係者における横領等も、より歯止めがかかるようになるだろうとみられます(インサイダー取引も禁止する等、厳格な利用者保護の枠組みを整備しています)。

金融庁は、仮想通貨交換業の規制のあり方や現行法制度の問題点などを議論する金融庁主催の「仮想通貨交換業などに関する研究会」で引き続き議論をしていきます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

1000万ユーロ相当の仮想通貨IOTA盗難事件容疑者を逮捕

ドイツやイギリスの警察が、仮想通貨IOTAを1000万ユーロ(約12億円)相当を盗んだ容疑で、36歳の男を逮…

Bakktが求人を募集していることが明らかになる  東京での人材も募集中!?

ニューショーク証券取引所の親会社であるICE(インターコンタル取引所)が2018年夏に立ち上げた、仮想通貨プ…

金融庁が初めて海外の仮想通貨業者に警告。ICOの勧誘等を行う。

2月13日、金融庁は無登録の仮想通貨交換業者のブロックチェーンラボラトリーリミテッドに改正資金決済法に基づく…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア