「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」について

セミナー当日~その2~

ICOの概要と戦略~雑賀 美明氏(さいが よしあき氏)の講演 ~その2~

  • ICOをじぶんで判断していくには

ICOについて吟味をする時は、ホワイトペーパーを実際に見てみてみるよりも、「ICOカウントダウン」や「クリプトカレンシーマガジン」を確認してみて、ICOについて精査するのもよいかもしれません(URLは下記の通りです)。

ICOについて業務を請け負っている等と謳っている、セミナーや代理店についても詐欺を助長しているものと疑った方が良いと思われます。

  • ICOが実現できない理由

ICOが実現できない理由は、妄想だからである→これをやりたいというのと今の技術でできるか、というのが問題である。ホワイトペーパーは何でも書くことができるから
こういうのが一番多い

  • ICOについて留意する事項

■ICOにおいて、運営側がコインを買い戻したりして、コインの価格が上げるように調整をしていたりする(ホワイトペーパーにはもちろん書かれていない)。

■配当型のICOであれば、配当目当ての人により、売る人は必然的に少なくなる。

■ICO詐欺を行う人は、ホワイトペーパー、ウォレット、ウェブサイト等をしっかりと作り込んで、詐欺を行おうとしている団体もあります。


■ICOのプレセール(ファミリーセール)が3カ月かかることもあれば、それよりも短い場合もあります。

その後、クラウドセールが行われるが、そのほとんどがクラウドセール終了後にチームが解散されてしまうケースとなってしまいます。

■ファンダー(設立者)側は、プレセール前に仕入れて儲けているケースがあります(そういうことをしている人が日本の中で一番もうけている)。

■ICOは本来、テクノロジー会社等が資金を最速最短で調達する為に良い手段であるが、実際はそうでない会社がほとんどとなっています。

■現在、「相対取引」が流行っています。

パソコンをセミナーの会場等に持ってこさせて、その場で送金等のやり取りをさせるという・・そのような方法を行えば、日本の税務署から税金を免れると考えて行っているのかもしれないが、日本の税務署は頭が良いし、バレるのでそういうことは行わない方がよいでしょう。
海外の取引所を利用して税金を免れるという方法も然りです。

  • 日本でICOを行うのが厳しければ、海外でICOを行ってみたら・・

もし、海外でICOを行うとしたら、海外の金融ライセンスを売っているところから許可をとり、海外の取引所で上場すると良いでしょう。

現在、ロシアのプーチン大統領は、仮想通貨に理解があるので、日本と租税条約を結んでいない国でライセンス付きの法人を作り、そういう国で上場させることによりICOを成功させるチャンスがあるかもしれません。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

BLOCKCHAIN PROseed 中国の最新ブロックチェーン情報

藤本 真衣 氏「ミスビットコイン」が主催するBLOCKCHAIN PROseedの中国の最新ブロックチェーン…

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで…

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」に参加させて頂き、と…

「デジタル資産市場セミナー」に参加しました!日本初の仮想通貨の投資信託が登場!

2019年1月9日、新橋で開催された「デジタル資産市場セミナー」に参加しました。 今回のセミナーでは、仮想…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア