開催概要

現在、中国当局は仮想通貨を規制しています。2017年には国内で行うICOを全面的に禁止、2018年1月にはマイニングまで禁止し、中国における仮想通貨取引は停滞したと考えられています。しかし、実際には今でも中国の方々はブロックチェーン技術を用いた画期的な方法を駆使して仮想通貨取引を行なっています。
今回は中国で取引所を介さない仮想通貨交換サービスを提供している、Galaxy OTCからAllenさんをお招きし、中国の最新仮想通貨事情、および中国の最新ブロックチェーンサービス事情についてお話しいただきます。

会場

FinGATE KAYABA
東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル 1階

ゲスト

Allen Huang氏[Galaxy OTC Co-Founder]
田上智裕氏

中国の最新事情

日本の法定通貨円とビットコインの取引量が62%と、世界的に見ても多くの取引量を誇り、アメリカUSDと比べても14%で、USDTは16%となっています。しかし、日本人はイーサリアムにはあまり興味はなくUSDとイーサリアムの取引量は26%であるのに対し、日本円はその他の部類に入るくらい取引量が少ないという結果になっています。

中国は2017年の9月に仮想通貨の取引が違法となりました。それまでは中国が仮想通貨の取引高が一番多かったのですが9月にはアクセスもできなくなりました。

中国の大手企業のバイドゥー(百度)やアリババ、テンセントなどもブロックチェーン技術に関心を示しています。さらには習近平国家主席もブロックチェーンは革新的な技術であると話しました。

Galaxy OTCの紹介

Galaxy OTCはウォレットのいい部分と、取引所のいいい部分を兼ね揃えたプラットフォームになっています。
ウォレットは安全性は高いが流動性が低く、取引所は流動性は高いが、安全性は低くなっています。
そこで、Galaxy OTCはOTC(取引所を介さない取引)を使って1つのエコシステムを作ります。
ウォレットとしての昨日に加え、取引ができ、さらにそこに様々な支払い、投資、資産管理ができます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

BCH独立記念パーティー参加報告~その2~

8月1日に行われたBCH独立記念日パーティーに参加して来ました。BCH独立記念日パーティーの内容について記事…

「Next Economy Conference 2018」〜コイン相場1周年記念〜…

2018年9月15日、両国KFCホールで開催された「Next Economy Conference 2018…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア