IT先進国エストニアについて

ラトビア、リトアニアとともに「バルト三国」と呼ばれているエストニアは、世界最先端のIT先進国です。

エストニアは、行政サービスの99%が電子化しており、結婚や離婚、不動産関係以外の手続きが全てオンラインで完結することが出来ます。

先進国と呼ばれる日本から見ても、近未来的な国であると言えます。

エストニアの特徴

面積:4.5万km²(九州+沖縄)

人口:約132万人 (福岡市より少ない)

地形:ほぼ平地(318mの山が最高峰)

首都:タリン(人口約45万人)

言語:エストニア語(エストニアの国籍を取得するには、エストニア語が必要)

宗教:ほぼ無宗教。他にロシア正教、プロテスタント(ルター派)等

政体:共和制(議院内閣制)

元首:ケルスティ・カリユライド大統領(任期5年)→最近、大統領に対する暴力を使わないプチクーデターがあった。大統領は行政権がなく政治的発言はあまりしない。

議会:一院制、101議席(比例代表制)、最大政党に組閣令

GDP:209億ユーロ(約2兆7149億1千万円。経済はあまり発展していないが良好)

一人あたりGDP:15,945ユーロ(約2,071,255円。EU平均の約6割)

*GDPは1ユーロ=129.9円で計算しています。

エストニアの位置

IT先進国エストニアが計画した仮想通貨「estcoin(エストコイン)」プロジェクトとは?

estcoinとは、エストニア政府がブロックチェーン技術を用いて開発を明らかにした仮想通貨です。

estcoinは、ペッグ通貨・ステーブルコインという法定通貨と等価交換(等しい価値を有するものを相互に交換すること)がすることが出来る仮想通貨の発行を目指していましたが、この革新的な取り組みはEU(ヨーロッパ連合)からの批判等によって頓挫することになりました。

EUからの批判

エストニアはEUに加盟しているので、ユーロを通貨として使用していますが、EUに加盟する国の共通通貨はユーロでなければならないというユーロ圏の条約にestcoinが違反すると、ヨーロッパ中央銀行のトップであるMario Draghi氏から批判されています。

estcoinの今後

estcoinは、新たな通貨を作るのではなくエストニア独自の行政システムであるE-Residency(電子居住権)等のコミュニティと連動して発行されると言われていますが、estcoinにこだわってEUの経済圏から離脱するようなリスクをとらないのでは、と言われています(EUに所属することによって、安定した経済基盤を有している為)。

それなので、先進的なエストニアの技術を生かしたブロックチェーン技術の開発をしていくことになるかもしれません。

エストニア政府の動向に注目していきたいと思います。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

世界の仮想通貨〜アラブ首長国連邦〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアラブ…

世界の仮想通貨〜アイスランド共和国〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアイス…

世界の仮想通貨〜アイルランド〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアイル…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア