お金の話(貨幣社会とブロックチェーンの話)

お金の定義

■物を買うことが出来る。

■価値を測ることが出来る。

■資産を固定することが出来る。

貨幣社会と我々の感覚

我々は貨幣社会に生きているが、政府や国家が発行した貨幣を無条件に信じすぎているのではないか。

普通の人は、今所持しているお金が将来にわたって価値がありさせすれば良いと思っている(お金がこれからも今までと同じように使えれば良く、特に意識していない)。

これは、言い換えてみれば、お金を受け取る側(サードパーティー)が誰であっても関係がなく、お金と呼ばれている物に対して相手が価値を感じ、交換に応じてくれさえすれば良いだけである。

紙幣や硬貨の原料費

政府は硬貨や紙幣を発行することにより、お金儲けをしている。

■ 1万円札  → 約25円

■ 5千円札  → 約19.5円

■ 千円札  → 約13.3円

■5百円硬貨 → 約64.5円

■ 百円硬貨 → 約15.3円

■ 五十円硬貨→ 約8.7円

■ 十円硬貨 → 約3.6円

■ 五円硬貨 → 約2.3円

■ 一円硬貨 → 約1.8円

一円硬貨以外は、貨幣を発行すればするほど、その発行主体が儲かる仕組みである。

国や政府が貨幣発行主体というポジションを手放さない理由でもある。

サトシ・ナカモトによる問いかけ「ブロックチェーンは、お金の新たな時代?」

古代中国 古代ギリシャ(紀元前1500年〜)、ルネサンス期(1500年〜1600年)、産業革命期(1694年〜1776年)等、これまでも貨幣経済が大きく変化する時期はあったが、これにブロックチェーン期(2008年〜)が加わるのではないか。

サトシ・ナカモトの論文は、12章から構成されているが、論文内にブロックチェーンという言葉は一切記載がない(1章にチェーン・オブ・ブロックという言葉が一回使われているが)。

我々は、この論文の中からブロックチェーンという言葉を紡ぎだし、現在のようにブロックチェーンという言葉が使われるようになってきた。

「誰がお金を管理するのか?」と問いかければ、多くの人が政府や中央銀行と答えるだろうが・・中央銀行がお金を管理するようになってからまだ100年くらいである。

サトシ・ナカモトは、この「誰がお金を管理するのか?」と問いかけて、政府や中央銀行という、我々が盲目的に信じ続けてきた中央集権制に対した問いかけである。

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE〜株式会社ビットアルゴ取引所東京 代表取締役 尹 煕元氏の講演 その2〜に続きます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨交換所BITPointの取組ご紹介〜株式会社ビットポイントジャパン代表取締役…

2018年6月26日〜27日、東京国際フォーラム ホールで開催された「JAPAN BLOCKCHAIN CO…

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで…

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」に参加させて頂き、と…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア