マスターカードが仮想通貨取引の特許を得る

2018年7月17日、アメリカ特許商標局(USPTO)が、大手クレジットカード会社のマスターカードが、ブロックチェーン技術の高速化における新たな特許を申請したと発表しました。

この新たな技術により、法定通貨と仮想通貨を相互にリンクさせることにより、仮想通貨取引にかかる時間を短縮することが可能になりました。

仮想通貨取引の時間が短縮されるほか、潜在的な詐欺を判断することも可能になり、取引がより安全になるそうです。

これまで、仮想通貨のブロックチェーン上での取引が処理されるには、かなりの時間がかかっていました。

この技術が導入されることにより、多くの業者が仮想通貨決済の参入が期待されます。

仮想通貨市場が高騰した理由は、この報道も要因とされ、約1カ月ぶりの高値を更新しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

FAANGの時価総額の下落は仮想通貨市場の下落幅以上?

仮想通貨市場の時価総額は、最高値であった2018年1月の8300億ドル(約93兆7900億円)から7000億…

ICOプロジェクトはやはりICO割れ、当初の約240億ドルから約54%が減少

2019年1月16日、仮想通貨取引所ビットメックスはが、100以上のICOプロジェクトが発行したトークンが当…

ニューヨーク市がブロックチェーンセンターを開設

ニューヨーク市がブロックチェーンセンターを開設しました。企業パートナーとしてすでにマイクロソフトやIBMが参…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア