自民党の有志が仮想通貨取引における議員連盟を設立、法整備等に兆しか

2018年7月17日、自民党の有志の議員が、仮想通貨の適正な利用を考える議員連盟を設立しました。

仮想通貨取引を行う投資家の保護や金融商品取引法の枠組みの中に仮想通貨交換業者を対象とする法改正等を検討していきます。

議員連盟の会長には、竹本直一衆院議員が就任します。

金融商品取引法の対象に仮想通貨がなると、仮想通貨は金融商品となります。

そうなると、ETF(上場投資信託)の枠組みにビットコイン等が当てはまり、金融機関が仮想通貨を取り扱う可能性が出てきます。

雑所得から分離課税に税制面が変更される可能性があり、そうすれば投資家の参入が増加し、市場の拡大が期待できます。

また、日本の仮想通貨取引所はベンチャー企業が多く、金融商品取引法が適用されると、取引所も証券会社と同様の基準が求められることになり、これまでと同様の事業継続が難しくなるかもしれません。

その一方で、金融商品取引法では、倒産等で資産を投資家に返還できない場合、損失を業界の基金で補償することが義務付けています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ベラルーシで世界初のセキュリティートークン取引が出来るプラットフォームが開設される

2019年1月15日、ベラルーシのブロックチェーン企業のCurrency.comが、世界初めてのセキュリティ…

今日の主なニュース

■最近、大手の仮想通貨取引所が日本の居住者に向けたサービスの停止を発表していますが、大手仮想通貨取引所KuC…

GMOがマイニング装置の販売等から撤退することを発表

2018年12月25日、GMOインターネットがマイニング事業の収益悪化から、マイニング装置販売の事業等から撤…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア