日本における仮想通貨業界の現状

日本政府や中央銀行は、仮想通貨に対してポジティブな評価をしている一方、コインチェックの仮想通貨流出事件をきっかけに金融庁の仮想通貨投資家保護が進む(日本では、ICOの需要が強まる中、規制を強化した)。

ビットコイン取引量世界で一番の日本は仮想通貨先進国ではなくなったと言われているが、ただ停滞しているだけという見方もできる(仮想通貨ビジネスへの新規参入には大手企業も含めて、約100社以上が審査待ちの状況)。

ブロックチェーンの出現ですべてが変わった

例として、「手紙からメール」、「固定電話からスマホ」、「馬車から車」へと技術革新していったように、国家や銀行からブロックチェーンへと変化していっている。

実際、ブロックチェーンのムーヴメントの中にいると、「映画をみているよう」と感じてしまうという(藤本氏自身、必要な生活費以外、銀行の日本円の貯金はないとのこと)。

シェアリングエコノミー

人と人との繋がりや今まで1つであったものが「車や不動産、社員を保有しない」ように分散化されていく。

共感型資本主義

ICOの可能性

ICOは、企業にもメリットはあるが、これまで集まりにくかった分野にもお金が集まるようになり、顧客に対してのメリットが非常に高い新しい資金調達方法である。

ICOという形で投資を行うのに適しているのはもちろんのこと、ブロックチェーン上にデータが残るので、寄付を行うのに適している(投資と寄付の良いとこ取り)。

トークンエコノミー・IoT世界の実現に仮想通貨が必要

法定通貨の代わりに仮想通貨が用いられるようになり、形成される新たな経済圏をトークンエコノミーと言う(通貨の種類が増える)。

今後増えていくことが予想されるIoTの世界で、「物と人」がインターネットで繋がった先に仮想通貨を使って取引を行う時代が来る(2015年時点でIoTデバイスは154億個だが、2020年までに約2倍の304億個まで増大するとされている)。

藤本麻衣氏がゾッとした話

藤本氏が実際に聞いてゾッとしたという話。

  • ビットコインアドレスの設定友達にしてもらったよ

第3者がパスワードや復元フレーズを知っているという話・・初めて取引所を開設したり、ウォレットの設定を行う場合、難しかったり面倒だったりするが、こんなことをしていると自分の資産をすべて盗まれてしまうかもしれない・・。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アジア最大ブロックチェーンカンファレンス「Japan Blockchain Conf…

アジア最大ブロックチェーンカンファレンス「Japan Blockchain Conference」が開催! …

「ブロックチェーン・レボリューションで転換する私たちの未来 ~ブロックチェーンで私た…

2018年8月7日、東京都千代田区有楽町新有楽町ビル所在の一般社団法人ユースデモクラシー推進機構において、「…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア