G20サミットの終了

G20のサミットが終了しました。

マイナス材料がほとんど発表されなかったことから、ビットコインをはじめとした仮想通貨市場がポジティブな様相が見られます。

今回のG20サミットでは、仮想通貨は様々な分野に応用することが出来るポテンシャルを秘めているが、マネーロンダリングやテロ組織の資金源になり得る可能性があることから、今後各国でハッキング被害などのリスクに備えながら、仮想通貨の未来を考えていくという流れで終了しました。

韓国が中国と金融監督協力協定を締結

韓国政府が仮想通貨市場を良い意味で規制していく大規模な組織改革をしていると発表しました。

また、韓国は中国と手を結び金融監督協力協定(Financial Supervisory Cooperation Agreement)の締結に合意したことを発表しました。

組織改革の取り組みとは

今回の組織改革の中で、ブロックチェーンに関する規制の担当部署が設立されます。

現在、仮想通貨市場は無法地帯であるので、担当部署を設置することによって、仮想通貨市場を健全にしていくとしています。

具体的な中国の協定とは

韓国と中国が金融監督協力協定(Financial Supervisory Cooperation Agreement)の統合に合意したことによって、お互いの国が仮想通貨の情報交換や規制等について連携していくこととなりました。

今後、金融監督協力協定では、国際的な金融規制だけではなく、仮想通貨を含むICOについても検討していき、詐欺案件を早い段階で見つけ出すことによって解決していきます。

韓国が導入している施策

既に導入している取引所もありますが、韓国政府が仮想通貨取引所に実名アカウントシステムを導入していきます。

実名アカウントシステムの導入により、犯罪資金等が取引所に流れることを防止し、その他にハッキングなどをして自分のIDに仮想通貨を不正に送金することを防止すっる役割も果たします。

現在のところは、すべての取引所では導入されていませんが、1年から2年ほどで、すべてのユーザーに強制的に導入するとされています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

三菱UFJフィナンシャル・グループが開発するMUFGコインとその今後

三菱UFJフィナンシャル・グループがブロックチェーン技術を活用してMUFGコインの発行を今後計画していますが…

ドイツ観光局が仮想通貨決済を導入

ドイツ観光局が仮想通貨決済を導入すると発表しました。

ビットバンクの仮想通貨レバレッジ取引「bitbank Trade」が2019年3月3…

2019年1月10日、仮想通貨交換業者のビットバンクは、ビットコインのレバレッジ取引サービス「bitbank…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア