GACKTコインと呼ばれる仮想通貨SPINDLE

SPINDLEは、タレントであるGACKT氏が広告塔となっている仮想通貨です。

ICO後は、2018年5月19日に海外の仮想通貨取引所のYobit、HitBTC、Livecoin、BTC-Alphaにそれぞれ上場しましたが、その後価格が暴落しました。(初値が660円程度だったのが、現在はは1円を切っている)。

仮想通貨交換業は、金融庁が資金決済法で定める仮想通貨交換業者でなければ行うことは認められていませんが、SPINDLEを運営しているBLACK STAR & Co.,社は仮想通貨交換業者の認可を得ておらず、このようなことから国内において行われるSPINDLE販売については、違法である可能性が高いことや上述の大暴落等も含めて、ネット上でSPINDLEは詐欺コイン等と揶揄されていました。

野田聖子総務大臣がSPINDLEの関係者と金融庁担当者との面談に自身の秘書を同席させて圧力か?

今回問題となっているのは、野田聖子総務大臣が、金融庁の仮想通貨関連部署の担当者に対し、自分の秘書を事業者(SPINDLE)と一緒に同席をさせて面談を行い、この事業者に対する「資金決済法に基づく仮想通貨交換業者の登録」についての質問を行ったことにより、「圧力をかけたのではないか」ということです。

金融庁担当者との面談に野田聖子氏が自分の秘書を同席させた理由について、「BLACK STAR & Co.,社の仮想通貨交換業者としての登録が認められるように便宜を求めた」ことや「日本の仮想通貨取引所に対してSPINDLEが上場するように金融庁にも働きかけを求めた」のだとも報道されました。

一連の報道に対して野田聖子氏は、「会社から相談を受け、秘書が面会したことは事実だ」と明らかにした上で、「法制度の一般的な説明を受けた。利害関係もなく行政調査への圧力にはあたらない。全く問題ない」と述べました。

面会の報告の有無については、「記憶が定かでないが、私に相談しなくてもよい一般的な事案だと受け止めている」とし、事業者が金融庁から無登録による資金決済法違反の疑いがあるとの通告を受けていたことについては「把握していなかった」と述べ、野田聖子氏自身の責任については「ご心配をおかけした。今後はより慎重に対応する」と述べました。

マックスむらい氏のAppBankが仮想通貨SPINDLEの取り扱いを一時停止

先般、当社の@BLAST事業のアライアンス仮想通貨の一つである、 株式会社BLACKSTAR&CO(東京都千代田区、代表取締役社長CEO:平井政光)が取り扱う仮想通貨SPINDLEに関して、「金融庁が仮想通貨交換業を無登録で行う資金決済法違反の疑いがあると同社に通告した」などとする新聞報道が平成30年7月19日付でなされ、現在これに付随して関係者の皆様に、広く@BLAST事業全体についてご不安やご心配をおかけしてしまう状況が生じております。

 当社としましては現在、各種報道に関して事実関係を確認中ですが、他社に起因する事態であるとはいえ、上記の事態を厳粛に受け止めるべきものと判断し、重ねて慎重な調査検討と今後の@BLAST事業に係る適時適切な方針策定のため、当面、仮想通貨SPINDLEをアライアンス対象とする取り扱いを、一時停止することを決定いたしました。
 既報のSPINDLE関連の各イベント等の中止等につきましては、本日以降速やかに進めてまいります。 

 尚、本日時点ですでに@BLASTサービス内においてSPINDLE保有の権利を有するに至っておられる利用者の方々につきましては、追って担当部署より個別にご連絡をさせていただく予定です。

 本件が当社連結業績へ与える影響は軽微であると考えておりますが、今後、事実関係を踏まえ、公表すべき事項が生じた場合には、速やかにお知らせいたします。
 今回は、@BLASTをご利用の皆様をはじめ関係者の皆様に大変なご心配をおかけいたしましたこと、あらためて深くお詫び申し上げます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

米国境警備局、輸入製品の証明にブロックチェーン導入をテスト

米国境警備局は、輸入製品の証明にブロックチェーン導入のテストをすると発表がありました。

韓国政府から仮想通貨取引における税制の発表がありました。

韓国政府が2018年6月までに仮想通貨取引の税制を取り決めると発表がありました。

ブロックチェーンセキュリティ企業のBitGoがOTC取引大手のジェネシスと提携を行う

2019年1月16日、ブロックチェーンセキュリティ企業のBitGo(ビットゴー)が、OTC取引のプラットフォ…

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア