INNOSILICON社について

INNOSILICON社は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ジーキャッシュ、ディークレッド、シア、ダッシュ、CryptoNight等のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)ブロックチェーンに必要なマイニングマシンASICの設計と製造における業界のリーダー的な役割を果たしています。

INNOSILICONは、3ヶ月ごとに新しいASICをリリースしており、世界屈指の性能を誇ります。

最新のビットコインマイニングマシンは、競合製品よりも約15%効率的な、85Wあたりビットコイン採掘電力のテラハッシュを1つ提供します。

また、最新のジーキャッシュマイニングマシンは、GPUマイニングよりも30倍も効率的です。

INNOSILICON社は、中央集権ではなく色々な人がマイニングを行うことが出来るような、マイニングサポート企業としてASICマシンの提供を行っています。

発表会について

INNOSILICON社とSAMSUNG社のマイニングマシンに関する次世代新製品の発表会が行われました。これまでにない能力を備えたマイニングマシンの登場に会場は大盛り上がりでした。

発表会内容

INNOSILICON社のビジョン及び戦略の紹介(INNOSILICON社CEO Gordon Ao氏)

INNOSILICON社は、2013年に初めてマイニング事業を開始して今日まで取り組んできました。

その他、これまでマイニング事業は、高額の電気費用がかかたり、ハッシュパワーがかなり高くなったり等と色々行う為の障壁が存在しましたが、INNOSILICON社は独自のマイニングマシンと技術を利用することにより、日本において事業展開をオフィスを構える予定です(また、同社はマイニング事業への投資を行っている人をサポートするプログラムについても展開中です)。

Samsung電子による最先端仮想通貨ASICチップ製造技術の紹介

Samsung電子からは、同社の省エネへの取り組みについて説明が行われました。

マイニングにおけるデータセンターを維持するのに冷却をしなければならないが、この冷却は環境には良くないし、コストとしてサーバーストレージがコストにおける27%、冷却費用が48%と全体のコストの中でも高いウェイトを占めています。

こういった、「電気代」と「冷却におけるリソース(コンピュータシステムに必要な機器)」といった高いコストがかかってしまう分野の省エネを行うことにより、高いパフォーマンスと少ないエネルギーでマイニングを行うことができるので、省エネ(コスト削減)に取り組んでいると説明がありました。

また、AI(人工知能)技術の開発にも力を入れていて、AI技術は、マイニングマシンに応用していくことができるので、今後もINNOSILLICON社と共同で技術開発に力を入れていくと述べていました。

マイニング製品ラインナップ

T2-Turbo-24T Terminator

  • アルゴリズム   SHA256
  • 対応通貨     BTC、BCH
  • パワー      75W/Th
  • マシンの大きさ  40.5×13.5×23.2㎤

A10 ETHMaster

  • アルゴリズム   etherium
  • 対応通貨     ETH
  • ハッシュレート  >400M/s
  • パワー      700W
  • マシンの大きさ  35×12.5×15.5㎤

A9 ZECMaster

  • アルゴリズム  Equihash
  • 対応通貨    ZEC、ZCL、ZEN、BTG
  • ハッシュレート 50Ksol/s±6%
  • マシンの大きさ 36×12.5×15.5㎤

D9 DecredMaster

  • アルゴリズム  Blake256
  • 対応通貨    Decred
  • ハッシュレート 2.4TH/s±6%
  • パワー     1000W
  • マシンの大きさ 31×13×15.5㎤

S11 SCMaster

  • アルゴリズム  Blake2b(suitable for Siacoin)
  • 対応通貨    Siacoin
  • ハッシュレート 4.3TH/s±6%
  • パワー     1380W
  • マシンの大きさ 29×12.5×16㎤

A6 LTCMaster

  • アルゴリズム  Scrypt
  • 対応通貨    LTC
  • ハッシュレート 1.23GH/s±6%
  • パワー     1500W
  • マシンの大きさ 35×24.5×15.5㎤

A4+LTCMaster

  • アルゴリズム  Scrypt
  • 対応通貨    LTC
  • ハッシュレート 620MH/s±6%
  • パワー     750W
  • マシンの大きさ 35×12.5×15.5㎤

A5+DashMaster

  • アルゴリズム  X11
  • 対応通貨    Dash
  • ハッシュレート 65GH/s±6%
  • パワー     1500W
  • マシンの大きさ 26.5×25×15.5㎤

A5 DashMaster

  • アルゴリズム  X11
  • 対応通貨    Dash
  • ハッシュレート 32.5GH/s±6%
  • パワー     750W
  • マシンの大きさ 26.5×12.5×15.5㎤

A8+CryptoNightMaster

  • アルゴリズム  CryptoNight
  • 対応通貨    XMC、Dero、KPB、DCY、BCN等
  • ハッシュレート 248KH/s±6%
  • パワー     480W
  • マシンの大きさ 35×25×15.5㎤

A8 CryptoNightMaster

  • アルゴリズム  CryptoNight
  • 対応通貨    XMC、Dero、KPB、DCY、BCN等
  • ハッシュレート 160KH/s±6%
  • パワー     350W
  • マシンの大きさ 27.5×24.5×15.5㎤

まとめ

今回行われたマイニングマシンの製品発表会は、世界に先駆けて日本で初公開となりました。

やはり、マイニングに関心を持っている人は多いので、INNOSILICON社とSAMSUNG社が今回発表した次世代マイニングマシンは、電力などの省エネ化をテーマとしているので、非常に魅力的な者であると多くのマイナーの共感を得られたと思います。

先に述べた通り、INNOSILLICON社とSamsung電子は、開発中のAI技術をマイニングマシンに実装する等して、マイニングという高いポテンシャルを秘めた分野において歩みを止めることはなく、今後のマイニング市場でも活躍が期待されます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨交換所BITPointの取組ご紹介〜株式会社ビットポイントジャパン代表取締役…

2018年6月26日〜27日、東京国際フォーラム ホールで開催された「JAPAN BLOCKCHAIN CO…

【PR】ブロックチェーンコンサルティング企業CTIAが、12月8日〜16日の間、オフ…

世界から高評価を受けているブロックチェーンコンサルティング企業のCTIAが、2018年12月8日〜16日の間…

BLOCKCHAIN PROseed 中国の最新ブロックチェーン情報

藤本 真衣 氏「ミスビットコイン」が主催するBLOCKCHAIN PROseedの中国の最新ブロックチェーン…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア