アメリカ株式市場NASDAQ(ナスダック)が、仮想通貨市場の合法化を目指して非公開で会合を開いたと報道

2018年7月27日、アメリカの株式市場NASDAQ(ナスダック)が、仮想通貨市場の合法化に向けた会合を非公式に開催していたことが明らかになりました。

この会合の参加者には、金融業界や仮想通貨市場から6名ほどが参加したとされており、先日SECにETFが否決されたウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所ジェミニのメンバーも参加していたとされています。

今回の会合の目的は、「仮想通貨業界を合法化するため」だとされているとのこと。

今回、NASDAQ(ナスダック)は、非公式に会合を開催したことは認めたが、それ以上の公表は控えたそうです。

こうした仮想通貨市場に関わる関係者は、今回の会合は始まりの序章に過ぎないとコメントしたとされます。

なお、NASDAQ(ナスダック)CEOのアデナ・フリードマン氏は、仮想通貨について、「インターネットにおける経済的構成要素」となる可能性があると2018年6月にポジティブな発言をしています。

今後、仮想通貨市場が発展していき、規制が整っていけば、仮想通貨取引所への参入もありえると話しました。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

SNSにトークンエコノミーを実装したALISがオープンβ版を公開

2019年1月10日、SNSにトークンエコノミーを実装したALISがオープンβ版を公開しました。これまでは、…

仮想通貨規制が続く中国で、中国人の約40%が仮想通貨への投資を考えている

中国では規制当局が、仮想通貨取引をやICOを厳しく規制していますが、そんな中で、中国人の約40%が仮想通貨へ…

マイニング最大手ビットメインがアメリカテキサス州での事業規模を縮小

中国のマイニング最大手企業のビットメインがアメリカテキサス州で行なっているマイニング事業の規模を縮小している…

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア