Blockchain新時代 〜次世代のICO×マイニングセミナー〜について

概要

毎日、ICOとマイニングのニュースで溢れています。

本来の意味のICOとは何か、マイニングの最前線はどうなっているのか。

通常のミートアップやカンファレンスとは違ったアプローチでお伝えします。



全く新しい資金調達の手法として、今、ICO(Initial Coin Offering)が注目されています。

既に今年の6月までにICOされた数は500件を超えています。

ICOの仕組みからICOの現状、ICOの問題点、ICOで成功するポイントを分かりやすく解説いたします。



マイニングが新しい事業として注目されています。

GMOやDMM.com、SBIなどの大手も参入を続々と発表しています。

マイニングの概要やマイニングマシンの分類、最先端のマイニングマシンの紹介などを分かりやすくお伝えします。



初心者から上級者まで、

ICOやマイニング、仮想通貨、ブロックチェーンに興味のある方は是非ご参加ください。

セミナー当日

2018年7月24日、渋谷クロスタワー32階(最上階)で開催された「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」に参加しました。

ARシステム株式会社代表取締役会長兼CEOの雑賀 美明氏(さいが よしあき氏)とARシステム株式会社上級執行役員兼テクニカルアーティスト・マイニングプロフェッサーの佐藤 嘉武氏(さとう よしたけ氏)が主催の本イベントに当サイトが参加するのは2回目です。

この日の勉強会も、最先端のICO事情やマイニングの情報について学びました。

次世代のICO~雑賀 美明 氏の講演~

  • ICO投資への3つの戦略

■トークンマーケットなどで話題性をチェックし、話題性の高いICOへの参加をする。

■1つのICOだけではなく複数のICOに分散して投資をしてみる。

■精査して有望なICOを見つけて1点投資をする。

  • 今年は目立つICO割れ

今年は去年とは違ってICO割れが目立つ。

ICO割れの原因は、取引所上場後に、ユーザーだけではなく運営側も売りにまわってしまう等、マーケットメイクが出来ていないことである(IPOだったら、一定期間売らないということがあったりするが)。

仮想通貨ADAは、運営側が取引所上場後、運営側がADAを売りたい人のコインを買ったことが成功の原因。

また、セミナー等で資金調達したトークンのICO割れも多い。

  • ICO見極め時の大切なこと

■人の生活を豊かにしたり、便利にしたりするというのではなく、運営側が儲ける意図が明らかに見え隠れしているものは典型的な駄目なICO。

資金調達だけを行い、その後、何も開発をしないICOはたくさんある。

■ICOのほぼ全てが、今現在、存在する仮想通貨で事足りてしまうので、「そのコインでなければならない」というオリジナルの存在意義やICOを実施する際の企画書や事業計画書がといった中身が大事になってくる。

■海外の独自のスキームを使ったICOというのは怪しげな感じがする。

■特定のサイト内や業態の間でしか使うことが出来ず、独自のサイトの取引所でのみ売買可能であるというのは、スキャムの疑いがある。

  • 税金について

仮想通貨取引を行ったことによって得た収入だけではなく、自身が稼いでいる収入も税金の対象金額に含めるということに注意しなければならない。

巷では節税目的で相対取引を行っている人をよく見かけるが、仮想通貨取引において、このようなことは絶対にしない方が良い。

かなりグレーゾーンであり、犯罪歴がなくても執行猶予が付かないで実刑ということもあり得る。

  • ICOをホワイトペーパーの読み込みだけで判断することは誤り

ICOのホワイトペーパーやロードマップを良く読み込んで、ICOの見極めを行おうとする人がいるが、これは素人が起こしやすい間違いである。

ホワイトペーパーは、運営側が好きなことや良いことばかりを記載することが出来るので、参考にはなるが信用し過ぎてはならない(ICOで資金調達をした後、技術的にコインを完成させることが出来ない為、相談に来るICOの運営者もいる)。

専門家であっても、ホワイトペーパーのみによるICOの判断は厳しい。

ICOの情報を客観的にアウトプットしているを書いているサイトを覗いてみたり、Telegram(テレグラム)で直接質問したり、Twitterでコミュニティの熱量や熱気を見てみることも大切である。

その後の段階で、ホワイトペーパーを精査すると、また違った角度で判断をすることが出来る。

マイニングセミナー~佐藤 嘉武氏の講演~

仮想通貨は、ブロックチェーンの延長上にある物なので、仮想通貨取引をブロックチェーン上に記録作業が膨大にある。

その記録作業を行う代わりに、報酬をもらうというのがマイニングである。

以前は、マイニングといえばビットコインであったが、ビットコインのディフィカルティが高くなりすぎたり、ビットコイン価格の下落などから、投資をしたマイニングマシンや電気代、家賃をペイできない。

特に、電気代をいかに抑えられるかが鍵となってくる。

マイニングの動向は、非常に変化が速く、マイニング関連の詐欺も多いし、下手に参入すると痛手を被ることもあるので、動向を慎重に見極める必要があると言える。


関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

「INNOSILICON社とSAMSUNG社の仮想通貨ビットコインとイーサリアム向け…

2018年7月13日、帝国ホテルにおいて、「INNOSILICON社の仮想通貨ビットコインとイーサリアム向け…

FinTech Economy Summit(フィンテックエコノミーサミット/FES…

2019年2月27日午後0時より、FinTech Economy Summit(フィンテックエコノミーサミッ…

「Healthcare x blockchain meet up」参加報告

2018年7月2日、千代田区麹町で開催された「Healthcare x blockchain meet up…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア