イギリス政府がブロックチェーンやスマートコントラクトの技術を法律に導入することを表明する

イギリス政府が現在施行中のイギリス国内の法律に、ブロックチェーンやスマートコントラクト技術を組み込むことを表明しました。

2017年4月1日から2018年3月31日までの第52回年次報告書でその内容が明らかになっています。

イギリス政府の第52回年次報告書(2017年4月1日から翌2018年3月31日まで)によると、スマートコントラクト技術を商取引等の契約を実行する部分に適用することにより、自動的にトランザクションが行われ、費用や時間といったものを削減することが出来ると報告されました。

また、ブロックチェーン技術を用いることによって履歴がチェーン上に記録されて、信頼性が向上すると報告しています。

実際に、法律にこういった技術が導入されれば、イギリスは世界で初めてスマートコントラクトを法律に導入した国になります。

この試みは、2018年夏に開始する予定なので、今後のイギリス政府の動向とブロックチェーン技術の普及に注目です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

金融庁が金商法無登録業者が仮想通貨で出資を募った場合の規制を明確化

2019年1月8日、金融庁は、昨年摘発されたビットコイン約80億円相当被害のあった「SENER(セナー)」に…

チリ国民が仮想通貨による利益をチリ国税庁に申告することに

2019年1月17日、チリ国民が仮想通貨による利益をチリ国税庁に申告することになったことが報じられました。

仮想通貨トロンが、イーサリアムよりも1年早く、約6ヶ月で100万アドレスに到達!

仮想通貨トロンが、イーサリアムよりも1年早く、約6ヶ月で100万アドレスに到達しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア