つくば市がブロックチェーン技術とマイナンバーカードを組み合わせて国内初の選挙投票実施

つくば市が、ブロックチェーン技術を利用し、マイナンバーカードを組み合わせた投票を、国内で初めて実施します。

2018年7月31日、つくば市は今回のブロックチェーン投票実施の理由について、「投票内容の改竄防止や秘匿性を保つために、適正かつ効率的な投票の実現を図るために、ブロックチェーン技術を活用する」と、説明しました。

投票を行う手順は、

①投票所に設置されたカードリーダーにマイナンバーカードをセットする。

②認証画面に進み、電子証明書の署名用パスワードを入力して、本人確認を行う。

③投票画面に進み、投票する。

また、マイナンバーカードを使用して本人認証を行うが、システムを管理している者であっても、投票内容や投票者情報を紐づけて知ることはできないそうです。

本件投票は、期日前投票と本投票があり、期日前投票は8月20日から8月24日までの間、つくば市役所本庁舎で実施され、本投票は8月28日に「つくばカピオホール」で10時から16時までの間実施されます。

ブロックチェーンを用いた投票は、世界でも取り組みが進んでいる。7月には「クリプト・バレー」とも呼ばれている、スイスのツーク市で住民投票にブロックチェーンが活用された。また米国ウェストバージニア州でも予備選挙を行う際、ブロックチェーンとスマートフォンを組み合わせた投票の実証実験が行われている。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

SECが今後2ヶ月で9つのビットコインETF判断へ

SECが今後2ヶ月で9つのビットコインETF判断を迫られています。

脱毛ミュゼプラチナムを展開するRVH、ブロックチェーン事業に参入

脱毛ミュゼプラチナムを展開するRVHは、マイニング事業を行なっているマイナーガレージの株式51.25%を取得…

日本円と連動したステーブルコイン仮想通貨「Zen」が 2019年上半期に実証実験を開…

2019年1月15日、BCCC(ブロックチェーン推進協会)が、2019年上半期に日本円と連動した仮想通貨「Z…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア