三菱UFJフィナンシャル・グループが開発するMUFGコイン

MUFGコインは、世界有数の金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループが、ブロックチェーン技術を活用するコインとして、開発が公表された当初から高い関心がもたれていました。

そして、この度、完全にオリジナルのブロックチェーン技術の開発をAkamai Technologies(アカマイ・テクノロジーズ、マセチューセッツ州ケンブリッジ)と共同で作成しました。

MUFGコインに用いられるブロックチェーンの名称は決まっていませんが、データ処理の速度がクレジットカードの処理速度を超えるといった点など、その性能は目を見張るものがあります

MUFGコインは、三菱UFJ銀行の代表取締役である平野信行氏が、ビットコイン以上に世界の人々に支持される仮想通貨を目指しているので、ビットコイン以上に幅広い用途で使用されるように、ボラリティや処理速度、流動性にも配した上で、IoTや新技術に対して対応していく姿勢です。

実際に使用する為には、法定通貨をMUFGコインに交換しなければならないので、自身の口座を所持しないとならないのですが、今後、MUFGコインが発行される頃には、使用にあたっての様々なインフラが整えられていき、様々な場所でMUFGコインが使用できるようになるでしょう。

世界では、様々な金融機関がブロックチェーン技術を利用したオリジナル通貨の発行を発表していますが、その中で三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するMUFGコインは、世界の金融機関の中で実現に向けて最も進んでいるコインであるので、実現に向けて期待が持てます。

MUFGコインの今後

MUFGコインをペッグ通貨(ステーブルコイン)とした理由は、ビットコインをはじめとした仮想通貨によるボラリティが様々なことに影響することをおそれたためです。

今後は三菱UFJフィナンシャル・グループに続いて、みずほ銀行やゆうちょ銀行、地方銀行が協同して発行するJコインが発行される予定されたり、海外の仮想通貨取引所が参入を示したり等、「規制!規制」と叫ばれている冷え込んだ日本の仮想通貨市場は、もともとは大きな可能性を秘めた市場であると言えるでしょう。

MUFGコインの処理能力は、国際送金プラットフォームXRPの処理能力以上であり、MUFGコインの技術は、世界のビッグデータでさえも処理していくことができると考えられるので、あらゆる金融機関でMUFGコインの技術や能力が活用されていくかもしれないので、今後の動向に注目です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

アメリカの議会議員が自身が所持する仮想通貨の保有額を公表する

アメリカの下院議員は新ルールにより、1000ドルを超える仮想通貨を本人又は配偶者が所持している場合は報告をし…

仮想通貨への対応が銀行によって温度差が!?

カナダのモントリオール銀行から流出した社内文書が話題になっています。

アメリカの最大手ケーブルテレビ「コムキャスト」がマーケティング用にブロックチェーンを…

最大手のケーブルテレビのコムキャスト(アメリカ)が、ブロックチェーン技術を導入して、TVによるマーケティング…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア