アメリカの議会議員が自身が所持する仮想通貨の保有額を公表する

2018年8月6日、アメリカの共和党下院議員であるボブ・グッドラッテ氏が、自身が保有する仮想通貨の金額を公表しました。

これにより、グッドラッテ氏は、仮想通貨の保有額を公にした初のアメリカ議会議員となりました。

今回自身が開示した、財務状況開示陳述書によると、1万7000ドルから8万ドル(約190万円~約900万円)の仮想通貨を保有しているとのことです(保有している仮想通貨の種類は、ビットコインとイーサリアム 、ビットコインキャッシュ)。

アメリカの倫理委員会は、新ルールによって、全ての下院議員に対して、1000ドルを超える仮想通貨を本人又は配偶者が保有している場合は、45日以内に開示を義務を課しています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

麻生大臣が「既存の規制以外にも新たな規制を含めて、デジタル通貨を考えるべき」と言及

2019年9月5日、東京都で開催されたフィンテックイベント「FINSUM」において、麻生太郎財務大臣が基調講…

インドで仮想通貨規制が強化、インド初のデジタル銀行で仮想通貨関連の口座が閉鎖される

インド初のデジタル銀行Digibankが仮想通貨関連の口座を閉鎖措置をとっていたことが明らかになりました。

仮想通貨が使えるリアル店舗

仮想通貨がだんだん広まっている日本でも、仮想通貨が使える実店舗がだんだん増えていっています。そんな仮想通貨が…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア