ウクライナでネム(XEM)によるブロックチェーンの選挙投票のテストが行われる

2018年8月7日、ウクライナ中央選挙委員会が、地元のネム財団と連携して、ブロックチェーン技術を利用した選挙方法のテストを行うことが明らかになりました。

ウクライナ中央選挙委員会のオレクサンドル・ステルマク氏が自身のFacebookで、現在行われているブロックチェーン技術を利用した選挙方法のテストについてコメントしました。

「ネム(XEM)のブロックチェーン技術を利用した選挙投票のテストは28のノードが用意されて、現在実施中です。今回の試験は、地元のネム財団から提供されたネム(XEM)を使用して行われています」

テストの結果、ブロックチェーン投票の費用は、1ノード設置費用が1227ドルかかると試算が出ました。

世界における選挙投票とブロックチェーン技術による試みは、アメリカウェストバージニア州では、選挙投票をブロックチェーン技術とスマートフォンを組み合わせた実証試験を2018年3月からスタートしています。

日本においても、神奈川県相模原市のスタートアップ企業PoliPoli(ポリポリ)がトークンエコノミーによる政治議論プラットフォームを開発中です。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ウクライナ当局の調査によるとオデッサ地方議会と国会の関係者57人が21000BTCを…

ウクライナ当局の調査によるとオデッサ地方議会と国会の関係者57人が21000BTCを保有していることがわかり…

コインチェック仮想通貨交換業者へ

マネックスの出資を受け入れるコインチェックが登録業者となりそうです。

「コインチェック」や「BITBOX」等の5社が日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に…

2019年1月4日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)に、「コインチェック」やLINEの子会社の海外仮想通…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア