アメリカ中間選挙において、ブロックチェーンの投票アプリ導入へ

2018年8月6日、アメリカのウェストバージニア州が、海外のアメリカ兵を対象に、ブロックチェーン技術を利用した中間選挙に投票をするアプリを導入していく方針を表明しました。

このアプリの開発は、アプリ開発企業Voatz(ボストン)であり、顔認証ソフトウェアを用いることにより、アップロードした政府発行のIDと顔のセルフィー(自撮り画像)を照合するといいます。

データは、利用者のプライバシーを保護するために、ブロックチェーン上に記録されるとのことです。

ウェストバージニアの州務長官であるマック・ワーナー氏は、ブロックチェーン技術を利用した選挙投票アプリについては、問題はないが、2018年11月の中間選挙で用いるかどうかの判断は、それぞれの郡に任せるとのことです。

2018年7月、アメリカ司法省がロシアの諜報員12名をビットコイン等の仮想通貨を使って2016年の大統領選挙に介入したとして起訴しているので、アメリカは選挙のセキュリティについて敏感になっています。

よって、スマートフォンを利用した選挙投票は恐ろしい」と考える専門家も多いです。

関連記事

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

日本STO協会が設立、代表理事にはSBIの北尾会長

2019年9月30日、日本国内の大手証券会社らが日本STO協会を設立したと報じられました。

仮想通貨取引所BigONEが日本のユーザー向けのサービスを停止予定と発表

中華系の仮想通貨取引所BigONEが日本のユーザー向けのサービスを停止予定と発表しました。

ブロックチェーンのインフラが促進されて、2019年は機関投資家が参入

仮想通貨投資ファンドのデジタルカレンシーグループのトラヴィス・シェア氏が「2019年の仮想通貨業界は、ブロッ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア