日本の企業が飲食店のレビューにトークン報酬システムを世界で初じめて導入する

2018年8月2日、ブロックチェーン技術とAI(人工知能)を活用し、グルメSNS「シンクロライフ」を運営をする株式会社GINKANが、飲食店のレビュー投稿者に対して、報酬としてトークンを提供するシステムをアプリで世界で初めて導入すると発表しました。

シンクロライフは、アプリを利用するユーザーの食の好みをデータベース化することによって、ユーザーの嗜好にあった飲食店探しをサポートします。

このアプリの新バージョンは、既存のプラットフォームに、トークンの報酬と仮想通貨ウォレット機能を追加しました。

飲食店のレビュー投稿や飲食店情報の作成や翻訳をすると、ユーザーは独自トークンSYC(SynchroCoin、 シンクロコイン)を報酬としてもらえる。ユーザーのレビュー貢献度は独自のアルゴリズムで分析し、質の高いレビュー投稿者に対し、SYCをインセンティブとして付与。不正なレビューを抑制する仕組みを作った。

今後は、イーサリアム(ETH)など他の仮想通貨もシンクロライフのウォレットに対応させる。また、コンテンツ制作によるSYC付与のほか、加盟レストランを利用した時に飲食代の一部をSYCで還元する仕組みや、SYCと食事券との交換、飲食代金をSYCで支払えるサービスなどを導入し、トークンエコノミーを形成していく。

ICOで調達した開発資金でメジャーローンチへ

2017年9月、シンクロライフは、2017年9月にICOを実施し、755イーサリアム(約5000万円)の調達に成功して、日本円で約5000万円ほどの資金を得て開発資金の一部にし、今回のメジャーローンチに繋げた。

シンクロライフの神谷CEOは、当時実施予定日の1週間前に中国政府によってICOが禁止されており、ICOの調達目標額は集まらなかったが、限られた資金内であっても、サービスをローンチすることが出来たので、次回のICOにも示しています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ビットコイン誕生10周年記念日に、仮想通貨取引所コインベースCEOが「ビットコインは…

2019年1月3日は、ビットコインのブロックが誕生してから10周年の記念日ですが、アメリカ最大の仮想通貨取引…

Zaifが約2200兆円分のビットコインを0円で販売

Zaifが約2200兆円分のビットコインを0円で販売していたことがわかりました。

Bakktが求人を募集していることが明らかになる  東京での人材も募集中!?

ニューショーク証券取引所の親会社であるICE(インターコンタル取引所)が2018年夏に立ち上げた、仮想通貨プ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア