カンボジア政府が、「政府からの許可を取得しないで仮想通貨取引を取り扱うことは違法」と声明

カンボジア政府は、2018年6月19日付で、「政府から許可を取得しないで仮想通貨を取り扱うことは違法である」と公式声明を発表しています。

2018年5月11日の時点で、カンボジア国立銀行 (NBC)やカンボジア証券取引委員会 (SECC) 、国家警察による共同声明が草案があげられ、NBCのインターネットサイト上で公開されました。

これによりカンボジア政府は、「仮想通貨を取り扱う行為を許可を得ずに行うこと自体が違法である」ことを、明確に定めたと言えます。

仮想通貨によるリスク要因には、下記のような点が挙げられます。

  • 仮想通貨の発行は、それ自体を保証するものがない点
  • 犯罪に利用されやすい(特にサイバー犯罪)
  • ボラリティが大きい点
  • 匿名性を持つ仮想通貨の問題
  • 投資家を保護する体制の未構築

カンボジア政府は仮想通貨のリスクについて懸念をして、仮想通貨に関する規制を強めていますが、カンボジア政府がオリジナルの仮想通貨を発行するプロジェクトについて前向きであるとされているので、今後のカンボジアの仮想通貨市場に注目が集まります。

関連記事

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

韓国財務大臣キム・ドンヨン「仮想通貨市場を禁止や抑制する意図はない」と発言

中国を訪問中の韓国財務大臣キム・ドンヨンは「仮想通貨市場を禁止や抑制する意図はない」と発言しました。

コインチェック仮想通貨交換業者へ

マネックスの出資を受け入れるコインチェックが登録業者となりそうです。

マイニング業界の最大手ビットメインの企業価値が150億ドルに到達、ソフトバンクも投資…

マイニング業界世界的大手のビットメインの企業価値が150億ドルに到達したと報じられました。ビットメインにはソ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア