「完全初心者向けの仮想通貨講座」参加報告

ビットコインがデジタルゴールドと呼ばれる理由

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決まっているが、1枚のビットコインを小数点8桁(最小単位)まで分割することが出来て、1satoshiという(1BTC=1億円の時、1satoshi=1円となる)。

ビットコインは、発行枚数が決まっている上、4年毎の半減期によってビットコインの枚数が少なくなっていく(現在は10分あたり12.5BTC)ことから、デジタルゴールドとよく呼ばれる。

地球上には、金は21万トンあり、現在4分の3掘り起こされている状況は両者がとても酷似しており、サトシナカモトは「金を想定してビットコインを作ったのではないか」と言われている。

新しい資金調達方法ICO

ICOとは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で、
新たな仮想通貨を発行して、プロジェクトの開発資金を調達する次世代の
資金調達方法のことです(ICOの前の資金調達方法は、IPOや単純な借入れといった資金調達方法しかなかった。故にICOは画期的な資金調達方法であると言われる)。

国自体がICOを行うと、発行されたトークンがその国で使えるようになってしまう。

例えば、現在経済制裁を受けていて外貨を稼げないベネズエラは、ペトロによるICOを行い、多額の資金調達に成功した(イランも同じことをやろうとしてる)。

コインマーケットキャプに以前掲載されていた仮想通貨であっても、現在掲載されていないコインも相当数あると思われる。

コインマーケットキャップの仮想通貨の種類の推移

  • 2017年1月下旬 約700種類
  • 2018年5月30日 1634種類
  • 2018年8月3日 1446種類

現在の発行量×今の値段=時価総額

時価総額が上がっていくというのは、その仮想通貨の価値が認められていかなければならない。

ビットコインとアルトコイン

ビットコインから仮想通貨は始まったが、後発のアルトコインがビットコインにはない機能を有して誕生している。

仮想通貨時価総額第2位のイーサリアム(ETH)もビットコインにはない価値があるからここまで価値が向上した(イーサリアムは、ビットコインのような通貨としての特性だけでなく、スマートコントラクトの機能も有している)。

「ビットコインが電卓だとしたら、イーサリアムはパソコンのような物」であると例えられたりする。

ビットコインとマイニング(採掘)

ビットコインをはじめとした、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)をコンセンサスアルゴリズムとした仮想通貨は、マイニング(採掘)という仕組みから成り立っている。

ビットコインがすごいところは、マイニングをした人に対して報酬が支払われるので、ハッカーがハッキングによってデータ(ビットコイン)を盗むよりも、守ることの方がお金を貰える仕組みを構築すること(マイニング)によって、ビットコインは成り立っている。

平たく言えば、マイニングは、「今から計算問題を出題するので、その計算問題を一番早くできた人に承認する権利をあげるよ。そしてビットコインをあげるよ」ということである。

ビットコインが世に出たばかりの頃、マイニング作業を行えば、マイニング報酬が貰えるということに将来性を見出し、当時1円にも満たないビットコインのマイニングを続けた人達によって、今のビットコインは成り立っている。

ビットコイン決済が進まない日本

キプロスが経済破綻した際、自国通貨を捨ててビットコインに乗り換えた人々も多いという。

また、中国は人民元の3分の1が偽札で、偽札専用のATMもあるという。

中国人は、人民元を信用していないので、ビットコインに目をつけたという(2018年8月現在は、仮想通貨が全面禁止されているが)。

よって、ビットコインの価値は高騰していき、海外では普及していっている。

例えば、ケニアの人達は、ビットコインで牛を売り買いしたりしているので、(2020年の東京オリンピックを控えて)日本で仮想通貨が使えないと海外の人達から「遅れてるな」とか言われてしまうかもしれない。

外貨両替所でビットコイン両替を行いたいという業者もいるが、日本では法律がネックになって、参入したいのに参入出来ない業者もいる。

仮想通貨の相対取引

不特定多数の人と仮想通貨のやり取りする人は、改正資金決済法によって仮想通貨交換業者の登録をしなければならない

相対取引が流行っている人は、これを生業としている場合は登録の許可が必要だが、グレーゾーンであるが一応合法である。

  • 改正資金決済法の抜粋
7 この法律において「仮想通貨交換業」とは、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいい、「仮想通貨の交換等」とは、第一号及び第二号に掲げる行為をいう。

一 仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換

二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理

三 その行う前二号に掲げる行為に関して、利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすること。
一 仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換
二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理

「完全初心者向けの仮想通貨講座」参加報告〜その3〜へ続きます。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

BLOCKCHAIN PROseed 中国の最新ブロックチェーン情報

藤本 真衣 氏「ミスビットコイン」が主催するBLOCKCHAIN PROseedの中国の最新ブロックチェーン…

「ブロックチェーン技術の新動向、中国企業の研究開発現状、スタートアップの投資事例勉強…

2018年6月22日、東京都渋谷区所在のアイマーキュリーキャピタル株式会社において、「ブロックチェーン技術の…

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで…

「戦略的ICO×最先端マイニングセミナー 〜ICOの仕組みからマイニングの最前線まで〜」に参加させて頂き、と…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア