ブロックチェーン技術を用いた領収書が中国の深圳市で発行される

2018年8月10日、ブロックチェーン技術を用いて、駐車場や自動車修理、カフェ等において、公式初となる領収書を中国深圳市で発行されたと発表されました。

深圳市は、人気チャットアプリ「ウィチャット」を運営するテンセントと共同で開発し、中国政府が公式に承認した初めてのブロックチェーン技術を用いた事業となります。

消費者は、支払いを行う時にウィチャットを使用し、領収書を発行します。

ブロックチェーン技術を用いた領収書発行により、消費者がウィチャットのアプリケーション上で、簡単に領収書を発行することができるようになります。

また、領収書の管理においても、透明性が高く改竄が困難な記録媒体として用いられることから、コストや人の作業によるミス・労力等の削減にもつながると報告されています。

関連記事

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

2017年に発生した被害者からビットコインをだまし取って絞殺した事件の被告に無期懲役…

2017年にビットコインがだまし取られ、名古屋市西区のパート従業員女性が殺害された強盗殺事件及び電子計算機使…

イギリスの議会議員が、ビットコインによる納税を提案

イギリスのウォールソール北部選挙区の議会議員であるエディ・ヒューズ氏が、納税や公共料金等の支払いにビットコイ…

中国広東省のフィンテック特区が運営を開始をする

中国の広東省にあるフィンテック特区が運営を開始しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア