ビットコインをはじめとした多くの仮想通貨と匿名通貨の違い

ビットコインは、氏名や住所等の個人情報を公開せずに取引をすることが出来るので、「脱税やマネーロンダリングといった違法な取引に利用される」という批判をされることがあります。

その理由は、ブロックチェーン上の取引において、個人情報がウォレットアドレスしか公開されないので、匿名性があるように思われています。

しかし、ブロックチェーン上の取引は、コインの流れがブロックチェーン上に履歴として残り、すべてが公開されています。

つまり、取引履歴のアドレスから、個人情報がすべて分かってしまうので、ビットコインをはじめとした多くの仮想通貨は匿名通貨と異なる分類がされます。

アドレスと個人情報が完全に線で繋がっている

個人情報とブロックチェーン上のアドレスが結びつけば、個人が保有している仮想通貨の残高や取引記録を知ることが出来ます。

アドレスと個人情報が完全に線で繋がっている為、そういった意味で、世間で使われている法定通貨よりも匿名であるとは言えないかもしれません。

仮想通貨のブロックチェーン技術を用いつつ、匿名性を有するコインを匿名通貨と呼びます。

匿名通貨のメリット

仮想通貨の取引記録や資産といったプライバシーが保護されます。

また、個人情報の流出といった問題が企業で起こった場合でも、匿名通貨を使用してその企業に対して決済を行った場合等は、個人情報の流出といった問題は起こり得ません。

匿名性暗号通貨のデメリット

匿名通貨はその匿名性によってメリットが多くありますが、当然デメリットも存在します。

その匿名性故に、脱税やマネーロンダリングといった違法取引に取り扱われる虞がある点です。

ビットコインをはじめとした多くの仮想通貨は、ブロックチェーン上にあるアドレスと個人情報を結びつけることが出来ましたが、匿名通貨を用いると、アドレスと個人情報が結びつかなくなります。

匿名通貨にも何種類かあり、その方法は様々ですが、匿名通貨にはあまり良くないイメージがついてまわり、日本では既に匿名通貨の規制が始まっています。

匿名通貨の種類

匿名通貨にも色々と種類があります。

ここでは、時価総額が比較的高い匿名通貨を紹介します。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

二段階認証の重要性について

仮想通貨取引所を利用する際の「最低限のセキュリティ」である二段階認証についてまとめました。

仮想通貨とは?〜サクッと解説〜

「仮想通貨投資を始めてみたいけど、分からないことがたくさんあってちょっと・・」と悩んでいる方が多いようです。…

DAppsゲームにおける法律的な問題について

現在、多くのDAppsゲームが出てきており、今後は市場規模も大きくなると見られています。 しかし、DApp…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア