アイスランドについて

面積:103,000 km²(北海道よりやや大きい)
人口:33.43万 (2016年)
首都:レイキャヴィーク

言語:アイスランド語、小学校から英語とデンマーク語も学習する。
宗教:人口の約80%はルター派キリスト教徒

地理:自然豊か。夏は白夜、冬はオーロラがみどころ。空気のきれいな都市。
通貨:アイスランド・クローナ
国旗:赤は火山、白は国を覆う雪や氷、青は山を指している

平均月収:
12位 約25万円(コンビニで売っている500mlのコーラは約400円ぐらいします。)
日本は14位 約24万円と日本より高く今でも成長しています。(2017年)

GDP:約2兆円(2016年)
一人当たりGDP:約600万 ‎(2016年)

*GDPは1ドル=100円で計算しています。

アイスランド位置

最近のアイスランド仮想通貨ニュース

仮想通貨マイニング企業の電力消費が家庭消費を凌駕

アイスランドのマイニング企業の電力消費が家庭消費を上回ってしまいました。
アイスランドでは国内の電力供給は、その約73.8%を水力、約26.2%を地熱から得ていて、空気のきれいな都市とも言われています。

アイスランドで盗まれた600台のビットコインマイナー、中国で発見か

マイニングマシン600台、約2億クローナ(約2億1000万円 )相当が盗まれ、それらしきものが中国で見つかりました。

アイスランドは仮想通貨禁止!?

仮想通貨の取引がこの国では全面的に禁止されています。しかし、例外がありマイニングされた仮想通貨については取引が可能で、出どころがわかっているものに関しては取引ができるようです。今現在、取引所のようなものは見つけられませんでした。

国民全員が仮想通貨を持っている!?

AuroraCoinはアイスランドの全国民に配布に配布されました。しかし、国手動ではなく、個人で作り配布をしたというだけで、政府や中央銀行からはかなりの批判を受けたそうです。

仮想通貨用語一覧

わからない用語、詳しく知りたい用語についてはこちらから調べてみてください。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

世界の仮想通貨〜アゼルバイジャン共和国〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアゼル…

世界の仮想通貨〜エストニア〜2018.10

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はエスト…

世界の仮想通貨〜アラブ首長国連邦〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアラブ…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア