アイルランドについて

面積:約70,273km²(北海道よりやや小さい)
人口:約459万人
首都:ダブリン

言語:アイルランド語、英語
宗教:国民の約86.8%がローマ・カトリック教徒

地理:ハリーポッターのロケ地になったモハーの断崖、ジャイアンツ・コーズウェイが有名。
通貨:ユーロ
国旗:緑はケルトの伝統、オレンジはウィリアム3世(オレンジ公ウィリアム)、白はその両者の平和を表します。

平均年収:767万円

GDP:30兆円
一人当たりGDP:600万円

*GDPは1ドル=100円で計算しています。

アイルランド位置

最近のアイルランド仮想通貨ニュース

アイルランド総理はブロックチェーン、仮想通貨に適している国はアイルランド以外無い

アイルランド科学技術の国家で、Stripe、マスターカード、JPモルガン、中国銀行などの世界Fintech大手と銀行機関の多くのは、アイルランドでビジネスおよび研究開発センターを開設しています。

アイルランド国立大学(NUI)ゴールウェイ校

アイルランド大学の研究者たちは政府によるブロックチェーン推進を求めました。

アイルランドの消費電力量よりビットコインのマイニング消費電気量

2017年には、ビットコインのマイニング消費電気量がアイルランドの消費電気量を上回っているという推計が出ています。アイルランドの年間の電力使用量は約25TWhですが、29.05TWh(テラワットアワー)の電力が、ビットコインに使用されたと推定されています。

仮想通貨用語一覧

わからない用語、詳しく知りたい用語についてはこちらから調べてみてください。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

世界の仮想通貨〜アゼルバイジャン共和国〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアゼル…

世界の仮想通貨〜アイスランド共和国〜2018.8

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はアイス…

世界の仮想通貨〜エストニア〜2018.10

世界の仮想通貨事情を知り、これからの日本の仮想通貨がどのようになるのかを考えるために書きました。今回はエスト…

関連するキーワード

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア