マウントゴックスとは?

マウントゴックス(株式会社MTGOX)は、東京都渋谷区に拠点を構える2009年に設立された会社であり、世界中で人気のトレーディングカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」のトレーディングカードを売買する会社でした(会社名も「マジック・ザ・ギャザリング(Magic The Gathering)」の頭文字「MTG」が由来)。

その後、マウントゴックスは、2010年にビットコインの取引所として事業を開始し、2011年から経営権を握ったマルク・カルプレス氏による体制の下、2013年4月には世界中のビットコイン取引量の約70%を取り扱う世界最大級の取引所に成長しました。

マウントゴックス事件とは?

約75万BTCが消失したマウントゴックス事件

マウントゴックス事件とは、2014年2月、世界最大級の取引所であったマウントゴックスがハッキングにより破綻した事件のことです。

この事件によって、ビットコインが約75万BTC(当時の取引レートで約470億円)、顧客から預かっていた現金約28億円が消失し、被害を受けた投資家はもちろんのこと大きなニュースとして世界に衝撃を与えました。

顧客の大半は外国人でしたが(日本人の比率は1%未満)、日本人の認知度が低い状態でこのような事件が起きたことによって、日本人は「仮想通貨は危険」といったネガティブなイメージを持つようになったと言われています。

ビットコイン価格の下落率も凄まじく、その後の経営破綻によって、一時30%以上も価格が下落しました。

CEOであるマルク・カルプレス氏は記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪しました。

マウントゴックス内部の人物が事件に関与?マルク・カルプレス氏が逮捕

その後状況が一変して、2015年8月1日、マルク・カルプレス氏が社内システムを不正に操作して、自分名義の口座残高を100万ドル水増しをした疑いによって逮捕されると共に、マウントゴックス内部の人物がビットコインの消失事件に関与している可能性が浮上しました。

マルク・カルプレス氏は、横領への関与を否定していて、

クリーンなビットコイン・マーケットを作ろうと、大切にマウントゴックスを育ててきたので、不正や、顧客に迷惑が及ぶことなど、絶対にしていません。間違って逮捕されることは、とても悲しいけど、これも大好きな日本の一部だと思って、受け入れようと思います

と弁護士を通じて産経新聞にコメントを出しました。

公判は継続中で事件の原因は、未だに解明されていない

マルク・カルプレス氏は初公判が2017年7月11日に行われました。公判では、顧客に対する謝罪を行ったものの、横領に対する起訴に対しては無罪を主張しました。

4年以上が経過した現在でも、マウントゴックス事件の公判は続いており、マルク・カルプレス氏が無罪を主張していることもあって、裁判の判決は出ていません。

事件の原因は完全に解明されてはいませんが、マルク・カルプレス氏は盗まれたビットコインを取り戻す為に、捜査機関に協力している事も裁判で主張しています。

マルク・カルプレス氏の現在

現在、マルク・カルプレス氏はシステムエンジニアとして働いており、商品開発の仕事をしていると、テレビ番組で語っていました。

マウントゴックスの代表を務めていた時は、家賃100万円以上のマンションに住んでいたのが現在では家賃7万円のマンションに住んでいるそうです。

上記のとおり、現在でも公判は継続中ですが、マルク・カルプレス氏はマウントゴックスの代表だった時よりもストレスが軽減されたと語っており、かなり痩せて風貌が一変しています。

今年中に裁判の判決が出るかが注目点されています。

マウントゴックスの現在

現在は取引所を運営していない

マウントゴックス事件後、消失したビットコインの補填を行うことが出来ないため、マウントゴックスは破綻してしました。

破綻したことから、現在は取引所を運営していません。

マウントゴックスはウォレットに約20万枚のビットコインを保有している

2018年に入ってビットコイン価格が暴落しましたが、マウントゴックスがウォレットに保有していた約20万枚のビットコインの一部が売却されたことが原因ではないかと言われています。

マウントゴックス事件当時は、ビットコインの価格は約6万円でしたが、現在(2018年9月13日)は当時と比べて10倍以上である約70万円の価格を付けています。

マウントゴックスが保有する20万枚のビットコインを現在の価格にすると約1,400億円にもなり、事件当時消失したビットコインの被害額約470億円よりも大幅に高く、破綻当時補填できなかった金額よりも破綻した会社が現在所持している資金が大幅に高いという状況が起きています(ビットコインのハードフォークによって誕生したビットコインキャッシュも保有している)。

マウントゴックスが保有するビットコインを売却されると相場が下落する?

裁判所とマウントゴックスの破産管財人が協議した結果、マウントゴックスが保有しているビットコインとビットコインキャッシュを売却して現金に換金して債権者に還元することになり、2017年9月から2018年3月までの間に、35,841枚のビットコインと34,008枚のビットコインキャッシュ(約430億円)が5回に分けて売却されていることが判明しました。

この売却のタイミングでビットコインをはじめとした仮想通貨の価格が下がっていると言われており、残りの各約16万枚のビットコインとビットコインキャッシュが売却された場合、相場に大きな影響を与えるのではないかと言われています。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨で便利な住信SBIネット銀行の口座を作ろう

仮想通貨を買うなら住信SBIネット銀行が断然オススメです!

プルーフ・オブ・バーン「POB(Proof of Burn)」とは?

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)やPoS(プルーフ・オブ・ステーク)、PoI(プルーフ・オブ・インポータンス…

海外の仮想通貨取引所は日本円ではコインを購入することが出来ません

海外の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する時は、日本の取引所を利用しなければ購入することが出来ません。 今回…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア