「Next Economy Conference 2018」〜コイン相場1周年記念〜参加レポート

Session2 ブロックチェーンの世界で、日本企業は勝てるのか

Session2は、「ブロックチェーンの世界で、日本企業は勝てるのか」というテーマのパネルディスカッションでした。

登壇者は下記の通りです。

  • 株式会社HashHub共同創業者&COO 平野淳也氏
  • 株式会社モバイルファクトリー取締役執行役員 深井未来生氏
  • トークンポケット株式会社共同創業者 中村昴平氏
  • 幻冬舎「あたらしい経済」編集者 竹田匡宏氏

パネルディスカッションは、登壇者がそれぞれブロックチェーンのお題に応えていきました。

■平野淳也氏
ブロックチェーンは事業者として、マネタイズ(ネット上の無料サービスから収益をあげる方法)出来る点が面白い。

現在は、マネタイズすることが出来る事業が増えており、そこでポジションを取ることができる日本企業が、ブロックチェーンの世界で勝ち残れるのだと思う。

ブロックチェーン技術が浸透していくには、企業がブロックチェーン事業に参入する必要がある。

企業が情報管理に欠けているコストよりもブロックチェーン事業に参入するお金を比較して、コストパフォーマンスが良ければ、企業はブロックチェーン事業に参入していくだろう。

既存の金融業にあって、ブロックチェーンにないものは今後一つ一つ整理されていくだろう。

■深井未来生氏
現在、ブロックチェーンが変化してきて来て面白い点は、DAppsに注目している。

DAppsというとゲームというイメージが強いですが、今後SNS関係のDAppsをインターネット関連の企業が開発していくことになる。

MicrosoftやGoogle、アップル等の大手企業が今後爆発的に普及していくブロックチェーンをやらない選択しはない(おそらく、中央集権な仕組みをなくさずに行う)。

これまでの資産がデジタルアセットに移行することによって、ユーザー同士の流動性が活発になっていくだろう。

■中村昴平氏
ユーザーが必要としている物(例えばウォレット等)は、今後の日本企業がブロックチェーンの世界で残っていく為に必要になってくる。

今後、ブロックチェーンが発展・普及していく為には、開発者が入ってきたり、今まで出来なかった分野をやってくれる人が出てきたりする必要がある。

来場者からの質問「DApps技術開発者の採用はどうなっているのか」という質問がありましたが、「特にDAppsに関して得意なエンジニアを採用したりしてはいない」と登壇者は回答しました。

Session3 日本発トークンプロジェクトが作る新しいコミュニティの形

Session3は、「日本発トークンプロジェクトが作る新しいコミュニティの形」というテーマのパネルディスカッションでした。

登壇者は下記の通りです。

  • 仮想通貨ブロガー投資家 ハイパーニート ポイン氏(モデレーター) 
  • 株式会社ALIS Founder CEO 安昌浩
  • Founder & CEO of SynchroLife,Limited 神谷知愛

■安昌浩氏
仮想通貨が抱えるコミュニティは、共走者である(中央集権を主体にしているが上も下もなく、共に走っている)。

コミュニティマネジメント的な観点から見ても、過去にトークンが暴落した時、コミュニティに対してトークン価格の話をせずに、どうしてこのトークンが必要なのかということを説明したところ、コミュニティは納得してくれた。

コミュニティの話で言うと、海外にはトークンを買い支えてくれる組織があり、トークンを買うという話を持ちかけられたこともある(ALISは話を持ちかけられてもやってはいないが、大きなプロジェクトも利用していたりする)。

トークンのメリットは、トークン発行側がコミュニティと一緒に事業をやっているという一体感をコミュニティで体現出来るところである(この点が、株式会社と株主の関係と違う)。

デメリットは、上手くユーザーと対話が出来ないと、トークン価格に一喜一憂することになり、荒れた株主総会が毎日続いているような状態になる。

インターネット上で、アウトプットをしているのはごく一部であるので、ALISは信頼の可視化を目指しているが、人々が全員アウトプットすることが出来る潤滑油を目指している。

質より量であり、量があれば良い質の物もあるので、誰でもALISに参加出来るような環境・10万ユーザーが将来的な目標である。

ALISは、資本主義社会でない枠組み・トークンエコノミーを作っていく。

ユーザーの方々は、ALISを使ってフィードバッグしてほしい。

■神谷知愛氏

ALISと同様に、共に走っていく仲間がいるところがコミュニティの良いところであると考えている。

シンクロライフのコミュニティは、二層に分かれており、「グルメ通コアコミュニティ」と「トークンコミュニティ」に分けられる(自然に分派してしまった)。

シンクロライフは、ICO後に未上場だったことによって「トークンコミュ二ティ」からスキャム等とボロクソに言われていたが、誠実に対応して発信し続けていたら、約3か月で収まった。

グルメのコミュニティだったら、ぐるナビ等の大型サービスでもいいだろうが、シンクロライフの新しいサービスを求めてくるという確かなニーズがある。

レビューの中にも、良いレビューと悪いレビューがあるがそれを分ける。

レストランレビューには、インセンティブ(トークン)が欲しいからレビューするというレビューがあるが、そういったレビューは求めていない。

レストラン開拓を真剣にしたい人でなければトークンはもらえず、トークンが配布されている量に質の良し悪しが現れる。

「Next Economy Conference 2018」〜コイン相場1周年記念〜参加レポート その3に続きます。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

BCH独立記念パーティー参加報告~その2~

8月1日に行われたBCH独立記念日パーティーに参加して来ました。BCH独立記念日パーティーの内容について記事…

ブロックチェーンがもたらすゲーム革命に参加してきました。~ASOBIMO編~

ブロックチェーンがもたらすゲーム革命に参加してきました。この記事ではASOBIMOについてのお話を記事にしま…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア