Burn(バーン)についてザックリと説明

Burn(バーン)とは、英語では「燃やす」という意味ですが、仮想通貨に用いられるBurnは、法定通貨の紙幣を燃やすことに例えて、既に発行済の仮想通貨の枚数を減らすことを意味しています。

Burnとは?

発行済の仮想通貨の枚数を減らすことに何の意味があるのかというと、既に市場に流通している仮想通貨量を減らすことによって、仮想通貨の価値を上げるという目的があります(実際には、仮想通貨の運営元が、出回っている仮想通貨を買い戻す等して回収し、破棄を行う)。

例えば、インフレで物価が上がって法定通貨の価値が下落している時に中央銀行は、市場から法定通貨を回収することによって流通している法定通貨の供給量を減らし、法定通貨の価値を上げる施策を行いますが、Burnはこれに近いイメージです。

運営元がどのように仮想通貨を破棄するかというと一例ですが、Burnを行う為の専用ウォレットに減らしたい量の仮想通貨を入れて、ウォレットの秘密鍵を誰にも分からないように処分することによって、減らしたい分の仮想通貨を減らします(=Burn)。

いきなりBurnと聞くと、聞きなれない言葉にドキッとしがちですが、仮想通貨の価値を上げたい投資家と価値が上がることによって、更に積極的な購入を促したい発行元との思惑が合致している試みと言えるでしょう。

Burnを行う仮想通貨として、世界有数の取引所であるBinanceの取引所コインBinance Coin(バイナンスコイン)が有名です。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

ERC721とは?

ERC721について簡単に解説します。

無料でビットコインをもらって仮想通貨を始めよう!

「仮想通貨に興味はあるけどリスクが怖い」とハードルを感じている人も、仮想通貨を始めるのに無料でビットコイン等…

コインチェックから日本円で返金された時の税金について

今回の事件を受けてコインチェックが返金対応を行いました。返金の際の税金についてはどうなっているのでしょうか…

ビットチャンス編集部

海外からの情報もわかりやすいようにお届けいたします。
ニュースのポイントや読みどころをピックアップし紹介します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア