仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨とは、英語表記ではCrypto Currency(クリプトカレンシー)と呼ばれ、日本では暗号通貨とも呼ばれています。

仮想通貨は、法定通貨のように実物があるわけではなく、インターネット上で存在するお金の価値を持ったデータのことです。

仮想通貨と電子マネー

実物があるわけではないので、仮想通貨は電子マネーと混同してしまいがちですが、仮想通貨と電子マネーは違います。

仮想通貨は、仮想通貨取引所から購入する等して得るのに対して、電子マネーは日本円をチャージして使用するという違いがありますが、以下が主な仮想通貨と電子マネーが違う点です。

  • 仮想通貨は通貨だが、電子マネーは通貨ではない
  • 仮想通貨には管理者はなく非中央集権的だが(発行主体はあるが)、電子マネーには管理者がいる点
  • 仮想通貨の価格は変動するが、電子マネーの価格は変動しない
  • 仮想通貨は世界中で使用可能だが、日本円でチャージした電子マネーは日本国内でしか使用することが出来ない
  • 仮想通貨は個人が通貨を送金出来るが、電子マネーは個人間で送金することが出来ない

仮想通貨はビットコインしかないのか?

仮想通貨と言えばビットコインが代表格ですが、未上場のものを含めると仮想通貨は1500種類以上あると言われています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを総称してアルトコインと呼びます。

アルトコインの中には価値のないものもあるのですが、たった1年で価値が2,000倍以上にもなった仮想通貨もあります。

そして、仮想通貨の中で一番有名なのがビットコインです。

仮想通貨を購入するにあたって

仮想通貨取引所にアカウント登録をする

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所にアカウント登録をして口座開設を行います。

様々な仮想通貨取引所がありますが、取り扱っている仮想通貨の種類やセキュリティの良し悪し等を考えて、取引所を選んだ方がいいでしょう。

当サイトの中では、以下の取引所が人気があります。

  • GMOコイン

GMOコインは、大手インターネット会社であるGMOインターネット株式会社傘下の取引所です。

取引手数料等が無料なので手軽に取引をすることが出来ます。

  • BITPoint

BITPointの親会社は、東証マザーズ上場の株式会社Remixpoint(リミックスポイント)なので、非常に信頼度の高い取引所です。

取り扱っている仮想通貨の種類は少ないですが、人気のリップル(XRP)を取り扱っています。

  • bitbank

板取引が非常に見やすく使いやすく、シンプルで軽量な仕様になっている取引所です。

ビットコインニュースサイトであるBTCNを運営しており、仮想通貨の健全な普及を推進しています。

リップル(XRP)も取り扱っています。

  • Liquid by Quoine

アジア最大級の取引所であり、複数の海外取引所と連携しているので、抜群の流動性を誇ります。

通貨ペア数が日本の取引所の中でも特に豊富で、独自トークンであるQASHを扱っています。

BTC/JPYの通貨ペアの取引手数料が無料なのが嬉しい特徴です(BTC/JPY以外の通貨ペアでは0.25%の取引手数料がかかる)。

国内で扱っていない仮想通貨について

仮想通貨の種類は2,000種類近くあるのに対して、日本の取引所では約20種類しか取り扱っていません。

日本で取り扱っていない仮想通貨を購入したい場合は、海外の取引所を利用するわけですが、海外の取引所は金融庁から仮想通貨交換業としての認可を受けていないので、リスクがあります。

海外取引所の中でもBinanceは、セキュリティの面や使いやすさ等で人気がありますが、初めて仮想通貨取引を行う場合は、国内の取引所を利用するのがオススメです。

日本円を入金する

仮想通貨取引で口座開設を終えたら、日本円を入金します(銀行振込、コンビニ入金、クイック入金等、取引所によって入金方法が異なる)。

取引所への入金が完了したら、仮想通貨を購入することが出来ます。

購入する仮想通貨によって単位は異なりますが、1,000円からでも購入することが出来ます。

口座開設を行うのだったら、住信SBIネット銀行がオススメです。

住信SBIネット銀行は、入金手数料が無料であるという点や24時間365日対応していて、国内のほぼ全ての仮想通貨取引所で利用することが出来ます。

セキュリティ対策を行う

仮想通貨は、常にハッキング被害の危険性にさらされているので、セキュリティ対策は必ず行っておきましょう。

  • 二段階認証の設定

仮想通貨取引所では、必ず二段階認証の設定を行うように勧めています。

取引所によっては、仮想通貨の盗難補償を行っているところもありますが、二段階認証を設定しないことによって補償を受けられない場合もあります。

また例えると、盗まれる危険性があるのにも関わらず暗証番号を記したままキャッシュカードを所持しているようなものなので、二段階認証は必ず設定をしましょう。

スマートフォンアプリのGoogle Authenticator」という二段階認証アプリがあるので、ダウンロードするだけで簡単に設定が出来ます。

  • ハードウェアウォレットに保管

取引所は常にハッカーからのハッキングの脅威にさらされています。

二段階認証は、最低限のセキュリテイであるだけで安全を保証するものではないので、仮想通貨を安全に保管するにはハードウェアウォレットで保管をするのが一番です。

仮想通貨を取引所に預けておくことは、すぐに取引が出来るので機会損失(仮想通貨高騰時の稼ぎ損ない)を防げますが、取引所がハッキングされたり・取引所の閉鎖によって仮想通貨が引き出せなくなったりする等、リスクが非常に高いです。

2018年1月に発生したCoincheck(コインチェック)や記憶に新しいZaifのハッキング事件がありましたが、これらの事件は補償されましたが、通常は補償されません。

仮想通貨は、ハードウェアウォレットに移して保管管理をしましょう。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

海外の仮想通貨取引所は日本円ではコインを購入することが出来ません

海外の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する時は、日本の取引所を利用しなければ購入することが出来ません。 今回…

二段階認証の重要性について

仮想通貨取引所を利用する際の「最低限のセキュリティ」である二段階認証についてまとめました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア