ブロックチェーンについてスゴくザックリ説明

仮想通貨取引の記録を繋げたもの

ザックリ言うとブロックチェーンとは、仮想通貨取引の記録を繋げたものです。

例えば、ビットコインでは、10分ごとにブロックが生成されていき、ビットコインのそれぞれの取引が生成されたブロックに格納されていきます。

そのブロックがチェーンのように繋がっているから、ブロックチェーンと言います。

すべての取引を暗号化している

取引の不正防止の為、すべての取引記録は、ハッシュ関数というもので暗号化されて、ハッシュ値という文字列になります。

このような行程を経ることで、一度行われた取引を元に戻すことは出来ないので、不正を防いでいます。

ブロックチェーンは全世界中で共有しているので不正をすることが出来ない

ブロックチェーンは、全世界の人々でで共有しています。

そのため不正は出来ません。

何故かというと、全世界の人々で共有しているので、例えば1つのブロックチェーンを改竄したとしても、全世界の他の人々で共有している他のブロックチェーンは改竄されていないので、すぐに不正がバレてしまうので、不正をすることは出来ません。

他にも、ハッシュ関数によって暗号化されて、ハッシュ値という文字列等、とにかく改竄をして不正をするには「膨大な量の書き換えが必要」となるので、不正をすることが出来ない仕組みになっています。

タイトルがザックリとした説明ですので、今回はこの位で〆させて頂きますが、また後日、さらに詳しく記載をさせて頂きます。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

取引所と販売所はどう違う?

仮想通貨初心者が疑問に思ったことを書いていきます。

ホットウォレットとコールドウォレットの違いについてザックリ説明

ホットウォレットとコールドウォレットの違いについて簡単に説明します。

51%攻撃とは

不正取引が行われる51%攻撃とは!?

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア