ホットウォレットとコールドウォレットの違いについて

仮想通貨のウォレットには、ザックリ分類するとホットウォレットとコールドウォレットに分けられます。

ホットウォレットは、インターネットに接続しているオンラインのウォレットで、コールドウォレットはインターネットに接続されていないオフラインのウォレットのことです。

ホットウォレットの特徴

仮想通貨取引所のウォレットやインターネットのアプリをインストールしたウォレット等をホットウォレットといいます。

いつでも送金ができるので便利というメリットはありますが、ウォレットがインターネット上で保管されているので、ハッキングされるリスクがあります。

2018年に発生した記憶に新しいコインチェックやZaifのハッキング事件では、取引所の顧客資産が補償されましたが補償されない場合もあるので、ホットウォレットに入れておく仮想通貨は少額にしておきましょう。

コールドウォレットの特徴

コールドウォレットのメリットは、インターネットと遮断した状態で秘密鍵を保管するので、ハッキングされるリスクを最小限にしたウォレットで、ハードウォレットやペーパーウォレット等が挙げられます。

中でも将来的な利益を見越して長期的に保有するのにハードウォレットが人気です。

ハードウォレットを紛失したり壊したりしても、秘密鍵があればが仮想通貨を保管することができたり、ペーパウォレットと違って複数の種類の仮想通貨を保管することができるのがハードウォレットのメリットです。

ハードウェアウォレットは、初期設定時に秘密鍵を必ず自分でメモして他人に見られない場所に大切に保管しなければいけません。

秘密鍵は流出すると大変ん危険性なので、スマートフォンで撮影してクラウドにのせてしまったりする等、インターネットと触れる危険性のある秘密鍵の保管方法は危険なので、秘密鍵は紙にメモする等して大切に保管しましょう。

どんなにセキュリティが万全とはいっても秘密鍵の取り扱いによっては、仮想通貨が盗まれたり引き出せなくなったりする可能性があるので、ハードウォレットは使用方法をしっかりと確認してから使用するようにしましょう。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

取引所に化けたフィッシングサイトに注意!(公式の取引所のリンク先をまとめました)

フイッシングサイトに騙されると、仮想通貨を根こそぎ奪われてしまいます。 今回の記事では、取引所に化けたフイッ…

仮想通貨とは?〜サクッと解説〜

「仮想通貨投資を始めてみたいけど、分からないことがたくさんあってちょっと・・」と悩んでいる方が多いようです。…

液浸マイニングの特徴

最先端マイニングである液浸マイニングについて、その特徴をまとめました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア