ビットコインのマイニングについて

2008年にナカモトサトシによってホワイトペーパーが公開された世界初の仮想通貨ビットコインは、2017年12月から2018年1月のピーク時には時価総額が約3,300億ドル以上にまで成長した。

ビットコインのホワイトペーパーには、ビットコインネットワークに参加するすべての人々が、そのネットワークを維持するために安定した報酬を得ることができると記述があるが(以下マイニング)、この画期的なアイデアがビットコイン成功の一因とされている。

このマイニング産業が当初の予想を遥かに上回る成長を見せている昨今、ビットコインの安全性が危機にさらされているとの危惧がある。

当初ビットコインのマイニングは、一般的な家庭用コンピュータで行われていたが、複雑な計算が要求されるようになった現在のマイニングでは、家庭用コンピュータで行うには困難になっており、高価なマイニング専用機器が必要になっている。

ビットコインのマイニングが中国に集中している

このようなマイニング事情により、大きなマイニングプールを有する組織がマイニング市場を独占することになり、個人でマイニングを行なっている人達は市場に参入できなくなってしまう結果となる。

現在、ビットコインマイニングを行なっているほぼすべてが、中国の数団体のマイニング・プールで行われており、世界のマイニングは中国政府によって支配されていると言える(ビットコインのマイニング能力の約7割から8割に中国。中国政府によって情報規制が行われている中国政府の影響を大きく受けている)。

ビットコインのマイニングが一部のマイナーのみで行われていることは、非中央集権であり、ビットコインの掲げる理念とかけ離れているので、開発者側が何らかの対策を講じないとならないだろう。

2008年、中本聡は、暗号化を使って世界初の分散型通貨を創出するBitcoinの白書を出版しました。創業以来、Bitcoinの人気は、技術愛好家、闇市場、および正当な市場からの関心を引きつけ続けているため、2018年12月のピーク時に、時価総額は3,000億ドルを超え、大幅に増加しました。分散型コントロールを作成することで、集中化されたシステムへの答えとなるように設計されています。

インフラストラクチャーは、すべての参加者に生態系の健康と安定を維持するためのインセンティブを与えるために建設されました。これまでは攻撃が成功しておらず、完全に安全です。しかし、新しい研究は、これが変化しようとしていることを示唆している。プリンストン大学とフロリダ大学の研究者は、Bitcoin鉱業の変化する性質を理解することによって、権力の移行を理解することができ、「Bitcoinは実際には安全だが理論上ではない」と述べている。
Bitcoinマイニングはもともと日常のコンピュータから通常のコンピュータで管理されていましたが、今日のBitcoinsを掘り起こすために必要な計算能力の増加は、通常のコンピュータにとっては大きすぎます。今日、採掘業者は高度に専門化された高価な「採掘コンピュータ」を必要とし、研究者に応じて鉱業活動の集中化をもたらしました。

Bitcoinのマイニングは、コモディティハードウェアを時代遅れにする特殊なハードウェアの進歩により集中化しています。その結果、鉱夫は鉱山プールに集まりました。一緒に働いて利益を分担する鉱夫のコンソーシアムです。2018年6月現在、Bitcoin採掘の80%以上が6つの採掘プールで実施されており[8]、これらの6つのプールのうち5つは中国にある個人または組織によって管理されています。

さらに、中国政府は競合する鉱夫を混乱させ、コンセンサスを崩し、Bitcoinを不安定にし、匿名化を解除し、検閲するという4つの異なる方法でBitcoinに影響を与える可能性があると書いている。中国は、インターネットを通じた情報の流入と流入を管理する政府によって大きく支配されている。この論文によると、Bitcoinネットワーク上のハッシュ・パワーの74%は中国にある鉱山のプールにあるため、中国政府の対象です。一例は、中国の鉱業権が取引を操作し、二重支出の攻撃を実行する可能性があることです。

RippleのCEO、Brad Garlinghouseは以前、中国がBitcoinを管理していると述べています。これは既知の問題であり、開発者は成長する問題からBitcoinネットワークを保護する方法に関するソリューションに焦点を当てるべきであることを示唆しています。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

仮想通貨VS中国電子マネー

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているsatoruさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「…

手持ち草コインについて アソビコイン その2

取引可能になるまで保留。ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコ…

仮想通貨投資をしている皆さん、英語は分かりますか?

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「仮想…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア