FCoinJP公式ホームページ

FCoinJP公認Twitter

FCoinJP公認Telegram

FCoinJP ヘッドラインニュース

FCoinJPは日本最大の取引所になるのか!?(11月13日更新)

FCoinJPが今後の3ヶ月の間で、新しい5つのサービス(下記参照)を展開していくと報道がありました。

現在、一時的にFJの価格が下落していますが、今回発表のあった好材料によって、今後の価格上昇が期待出来ます。

下記のFCoinJPが展開していくサービスは3ヶ月以内に開始予定で、公式ホームページで確認することが出来ます。

  • 1つ目のサービス〜レバレッジ取引を12月10日までに開始予定〜
  • 2つ目のサービス〜FCoinJPのリファシステムを2018年12月にリリース予定〜
  • 3つ目のサービス〜日本コミュニティユーザーに人気のあるコインやトークンをFCoinJPプラットフォームで取引出来るようにして、日本で最も多くのコインやトークンを取引出来るプラットフォームを構築する計画〜
  • 4つ目のサービス〜日本企業のトークン発行計画〜
  • 5つ目のサービス〜アプリのUI向上〜

2018年11月6日の「初配当」後、FCoinJPはFJの価格が11月8日の午前中、一時的に急落して、1FJ=0.004533USDTまで値を下げました。

しかし、上昇と下落を繰り返した後、11月9日には、1FJ=0.00576USDTまで15%近く価格を上昇させました。

また、11月9日には、FCoinJPの公式サイトにおいて、FJの日次収益率変動の詳細が公開されて、FJの日次収益率は11月6日から2.43%、11月7日には3.95%、11月8日には3.88%と日増しに上昇しています。

直近のFJ価格は、下落気味ですが、今後のサービス展開等を考えると、価格や配当額の上昇は十分に期待出来るので、今後もFCoinJPのから目を離せません。

FCoinJPによる最大規模の配当はTwitterでも大反響(11月7日更新)

  • 2018年11日6日の配当は、1,164BTC相当

2018年11月6日午後4時30分頃、FCoinJPがFJを保有しているユーザーに対して、初回の配当金が支払われました。

今回の配当は、約1,164BTC相当で、100万FJにつき5,729USDT(約64万円の配当が行われました(内訳は、504BTC、542万USDT、166ETH、5,442万FJ等)。

今回の配当によって、ユーザーから約12.8億FJのロックアップ申請がされました。

ここまで、大規模な配当は日本人ユーザーは経験したことがないイベントで、日本の仮想通貨業界において2018年におけるビッグイベントであると言えます。

FcoinJPはその影響力によって、日本の取引所の根本的なシステムを改めさせるかもしれません。

  • 配当後の反響続々

配当が開始されてから、Twitter上で多くのユーザーが歓喜・期待のコメントをアップしています。

この配当は毎日続き、今後益々Fcoinファンは増加していくと思われます。

  • 500万FJを保有しているユーザーの配当例

100万FJを保有しているあるユーザーの配当金は、1 BTCを超えており、2018年11月6日時点のFJの配当率は70%近くまで達し、すべてのFJユーザーに配当金が毎日還元されます。

現在、依然としてFJ価格は低く、今が本当にチャンスと言えます。

  • 様々な意見が寄せられている今回の配当

また、歓喜だけではなくツイートには配当に関する様々な意見が寄せられています。

FJユーザーの方は、Twitter上でFCoinJP関連のコンテンツを検索して、今回行われた配当イベントについて、是非コメントをしてみて下さい。

  • FJの価格変動をどう見るか

FJ価格は、下落してしまいましたが、何故価格が下落したのでしょうか?

理由は明確であり、ユーザーに多くの分配金を支払ったからです。

株式投資等では、分配金の支払い時の基準価額は通常であれば、分配金が支払われるに伴う下落を反映した価格になります。

しかしながら、仮想通貨の場合は、既存の金融商品と違い、分配金が支払われることによって下落する価格も相場の売買によって決定されます。

よって、価格の下落は正常な現象です。

どのように大きな上場会社であっても、分配金が株主に支払われた後は、株価は調整されて、株主はそれを受け入れます。

FJの場合は、60%近くの分配をしていますが、価格の下落分は、FJがユーザに支払われた分配金よりも大幅に少なく、ロックアップの申請をしたユーザは、利益が発生しています。

そして、下落によってFJ価格が下がっている今こそ、FJを安価で購入することが出来て、投資を行って収益を回収する期間を圧縮することが出来ます。

  • FCoinJPのトークンエコノミー

FCoinJPが日本の仮想通貨業界に与える影響を、FCoinJPのトークンエコノミーについて調査した内容に加えて、直接FCoinJPより伺った内容をまとめました。

「取引手数料マイニング」という画期的なシステムは、FCoinJPの切り札でもあり、FCoinJPは、トークンエコノミーの究極の例です。

ホワイトペーパーでも紹介されていますが、FJの総発行枚数100億FJの内の51%が、「取引手数料マイニング」によって保有者に還元されます。

その為、ユーザーが取引を行う過程で支払った手数料が「取引手数料マイニング」であり、翌日には、FJによって100%還元がされます。

例えば、頻繁に取引を行っているユーザーが総額1ETH分の取引手数料を支払ったとすると、翌日には1ETH相当のFJが還元されます。

その他にもこのトークンエコノミーの魅力は、FJユーザーはFJを保有しているだけで、FcoinJP取引所の前日の80%に相当するFJの配当を受け取ることが出来ます。

株式の配当によく似たこのシステムは、ユーザーがFJを保有している比率が高い程、多くの配当を得ることが出来ます。

例えば、前日の取引所の収益が100BTCの時、1%分のFJを保有していたとすると、1BTC相当の配当を得られます。

これは、取引所を「コミュニティユーザー」に還元することにあたり、「コミュニティユーザー」が取引所の使用者かつ所有者ということになります。

「コミュニティユーザー」は、取引所のトークンであるFJを保有することによって、FJの配当を得ることが出来るので、「コミュニティユーザー」はFJの売買により積極的になって、「取引手数料マイニング」を行って、より多くのFJを保有しようとするユーザーが増えていくでしょう。

※11月3日更新の「FCoinJP新規ユーザー向けマニュアル」を参照して下さい。

FJに150万円投資した人の配当例(2018年11月6日更新その2)

FJに150万円投資した方の配当例が上記画像です。

2018年11月6日、FCoinJPが日本史上最大級の仮想通貨配当を実施!(11月6日更新)

今最も注目を浴びている仮想通貨取引所FCoinJPが、2018年11月6日に初めての配当日を迎えました。

今回のFCoinJP初めての配当は、全部で1164BTC(当日の公式サイトの最新データ)が日本のFJ保有者に分配されました。

FcoinJPユーザーは、当然大いに盛り上がり、2018年の日本仮想通貨業界における最大の盛事と言えるでしょう。

多くのユーザーが本日(2018年11月6日)、Twitterに自分が受けた配当を公開しています。

500万枚のFJホルダーは、将来的に老後の生活において必要なのは年金ではなくFJであるとコメントしました。

今回の100万枚FJを保有している人への配当は、1BTCを上回りました(購入にかかる費用は100万円未満)。

11月6日一日のFJの配当率は約70%にまで達し、今後毎日、FJの保有者に配当が分配され続けます。

約1000万枚のFJを保有している人は、本日だけで約800万円相当のFJが配当として分配されて、大きく注目されましたが、今後も毎日、この人は多くの配当を得れるでしょう。

現在は、まだFJの価格が安いので、100万枚のFJを保有することは可能です。

本日の配当日以降、一部の投機目的だけのマイナーがFJを売却するので、価格がある程度下がることが予測されます。

しかし、下がった後にFJを保有していることによる配当の恩恵をよく理解している人々は、FJを購入し続けるので下落し続けることはないでしょう。

元来、FJの配当後は、価格と配当対象を調整すべきであり、毎日行われていく配当の予測では、FJを購入した費用の回収は、どんなに長くても3カ月以内で回収することが出来る、割のいい投資なので、今後FJの上昇を信じるユーザーは多いでしょう。

FJによる配当を人々が認識し、一斉に市場に押し寄せると市場は荒れるとみられていますが、これは必ずしも悪影響を及ぼすとは限りません。

市場は、値動きが激しくなりますが、徐々に収束していきます。

7日以降の価格の値動きが現象として正常であり、FJの価格が下落してもFJを保有していることによって得られる配当を計算すると、むしろ価格が上昇する可能性があります。

今後は、FJが株と同様に、毎日配当を得ることが出来る割りのいい投資であると認識する人は増えていくでしょう。

これによって、ユーザーと取引所の関係は逆転します。

例えば、Twitterは、「いいね」や「ツイート」によってユーザーが価値の決定をするのに、ユーザーはTwitterから何の報酬ももらっていません。

FCoinJPは、こういった従来のプラットフォームとユーザーの関係を、対立関係から統一関係へと逆転させました。

こういった画期的なスキームの下で、ユーザーがアクティブに活動し、みんな取引マイニングによって多くのトークンを獲得するか、自らトークンを購入するようになるでしょう。

ユーザーは、最終的にプラットフォームの所有者(受益者)となり、配当を受けることが出来ます。

FCoinJPの初配当イベントマニュアル(11月5日更新その2)

FCoinとは?(11月5日更新)

  • FCoinJPとは?

2018年6月に創設されて、仮想通貨取引業界に奇跡を起こしてきた有名仮想通貨取引所FCoinが、日本チームと手を組み、新しい取引所FCoinJPを日本に上陸させることを正式に発表しました。

  • 取引所マイニングとは?

「取引マイニング」とは、仮想通貨取引で発生した手数料を翌日FCoinの取引所トークンである「FT」が100%キャッシュバックされるシステムです。

例えば、ユーザーがFcoin取引所で取引を行って、1ETHが手数料として徴収されたところ、翌日、1ETH分の「FT」が返還されます。

  • 配当日の対応方法

FCoinJPの初配当イベントマニュアルを参照して下さい。

  • 11月6日はFJの最初の配当日

FCoinJPは、1,039BTC相当のFTの返還を1回で行います。

FCoinJPは、ユーザーが取引所マイニングによって、SNSで取引手数料がキャッシュバックされることをSNS等にアップしてくれることを期待しています。

  • 11月6日のFJの割当率は現在約70%

ユーザーが、FJを1日保有すると、元本のFJの半分以上を回収することが出来るのですが、11月6日から、FJによる配当金が毎日を支払われる予定です。

  • FCoinが中国で発売された時に起ったこと

今年中国で、FCoinが発売されたとき、累積的に配当されるFTの価値は非常に高く、理論上は、25ETH(約57万円相当)で100万枚のFTを得られて、これまで約1億円もの額が配当されました。

FCoinの初回の配当後、多くのユーザーがFCoinに参入しました。

  • FCoinJPのユーザーに利益が還元される

ユーザーへのFJ配当後、日本のユーザーはFJに熱中していくと考えています。

Twitterの価値はユーザー個人の物ですが、ユーザーはTwitterの株式に通常関与することはありません。

Twitterの本当の資産はユーザーであり、Twitterにとってユーザーは最大の財産ですが、ユーザーはプラットフォームのメリットを受けることが出来ないので、 FCoinJPではユーザーがプラットフォームの所有者となることによって、ユーザーが配当に参加することが出来ます。

  • FCoinJPは、新たな経済を日本にもたらしました

これは日本経済への革命を引き起こす。

FCoinJP新規ユーザー向けマニュアルを発表(11月3日更新)

FCoinJPが「FJコインを保有するだけでキャッシュバックされる」方法を発表(11月2日更新)

今夜、FCoinJPは「FJコインを保有するだけでキャッシュバックされる」方法を発表し、ユーザーは毎日午前0:00までにFJのロックアップ操作を行えば、前日の配当を受けられるとのことです。

24時間いつでもユーザーは、いつでもロックアップすることが出来ます。

コインが貰えるルールは、マイナーの利益の均衡がとれて、短期的に見ても長期的に見ても良く、分かりやすくフェアであるとされています。

FcoinのFTとFJは普通の仮想通貨ではなく、株と似ており、毎日利益が還元されます。

FTはこれまで、100万枚のFT(約106BTC)ほどの配当を提供しており、これはBTC価格を平均80万円で計算すると、配当されたのは約8,500万円となります(つまり、1FTで最高約85円の配当となる)。

FTのプライベートセール価格は、0.00002ETHで、上場直後の価格は0.000025ETHだったので、25ETH(現在約57万円)で100万枚のFTを購入していたら、約1億円分FTがキャッシュバックされていた計算になり、現在でいうと、230万円で100万枚のFJを購入すると、大体1.4BTC分のキャッシュバックを受けることが出来ます。

FCoinJPの快進撃(11月1日更新)

2018年10月30日午前0時、取引開始後、驚異的な取引高を初日に記録し、仮想通貨市場を震撼させたFCoinJPが、更に衝撃的なデータをを公式サイト上で公表しました。

FCoinJPプラットフォームの透明性について、現在の100万枚のFJの累積収益を公表し、現在100万枚のFJを保有していると、1.46701308BTC(1,044.580円相当)のキャッシュバックがを得られる計算になります。

現在のレートで、1FJ=JPY5.43円と計算すると、100万枚のFJを保有する為には、543万円かかるが、投資してみる価値は大きいです。

現在も配当の累積額は更新し続けており、FCoinJPが日本のマーケットに与える影響は計り知れません。

FcoinJPが取引手数料還元キャンペーンを発表後、たった5時間で出来高が105億を突破、そしてFCoinJPがローンチ後3日目で、取引手数料還元メカニズムが始まりました。

FCoinJPは、毎日2000万のFJ(FcoinJP Token)を、ユーザに還元し、FcoinJPの出来高に応じてユーザに対して還元されます。

例えば、FcoinJPの出来高が100万の時、あるユーザが5万保有しているとしたら、出来高の5%を占めているので、2000万FJの5%である100万のFJを手に入れることが出来ます。

このキャンペーンが公表された約5時間後、FCoinJPの出来高は1705億円を突破しました。

FJ TokenがFcoinJPで取り扱い開始、瞬時に500%暴騰!(10月31日更新)

2018年10月30日午後9時に、FJトークンの取引が開始され、開始1分後には、FJは500%まで暴騰し、0.05USDTにまで価格は到達しました。

FJの発行総数量は、100億枚であり、その51%は取引マイニングに充てられて、FcoinJPの収入の80%がFJユーザーに還元されます。

FCoinJPは、「トークンエコノミーのリーダー」と公言しており、既に世界中に「取引マイニング」のビジネスモデルを普及させていく準備は整っているとのことです。

FJを長期的に保有すればするほどの高配当を得られる可能性があり、過去四ヶ月間で、100万FTの配当は1億円近くに達しました。

Fcoin 関連記事

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

韓国政府がブロックチェーンを研究開発する企業に対して税の減免措置対象に

2019年1月8日、韓国政府がブロックチェーンを研究開発する企業に対して、税の減免措置対象となるR&D部門に…

米有名ラッパーの50セントが4年間ビットコイン保有で約8億円

米国のラッパーである50セントが約8億円分のビットコインを保有していることがわかりました。

タレントの松居一代さんが、仮想通貨MINDOL(ミンドル)を発行するミンドル社とトラ…

タレントの松居一代さんと仮想通貨MINDOL(ミンドル)を発行するミンドル社のトラブルについてまとめました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア