スマートコントラクトを実装し、匿名のON/OFFを切り替えることが出来る匿名通貨Quras独占取材!

今回インタビューさせて頂いた最首氏(右側)と加藤氏(左側)

今回インタビューさせて頂いた最首氏(右側)と加藤氏(左側)

今回は、以前にビットチャンスでも記事で取り上げさせてもらった、スマートコントラクトを実装し、匿名のON/OFFを切り替えることが出来る匿名通貨Qurasの広報である最首氏と加藤氏にお話を伺いました!

初めに、仮想通貨を良く分からない人達に向けて、仮想通貨と匿名通貨の違いを教えて下さい

仮想通貨というのは、そもそも日本政府が名付けた呼び方で、私達の世界ではクリプトカレンシーという呼び方をします(日本では、暗号通貨と呼んでいる人がいる)。

仮想通貨と匿名通貨の違いは、なかなか難しいところがあって、クリプトカレンシーはクリプトカレンシーだと思います。

金融庁の指針で仮想通貨という名前が出来たのであって、仮想通貨と匿名通貨は、基本的に変わりません。

金融庁が指針を出したものにそった捉え方を我々がしているから、異なる物に見えるだけであって、実際は異なる物ではありません。

2016年の春先頃、自民党のフィンテック推進委員会が議論を始めた頃から少しおかしくなってきたように思います。

クリプトカレンシーは、デモクラシー(民主的であること)だと思うんです。

既存の金融の枠組みを作ってきた人達の枠外で、不満があったサトシ・ナカモトがビットコインをこの世に誕生させたと言われています。

過去には、シルクロードというダークウェブサイトで武器の密輸や麻薬の密輸、人身売買といった取引がビットコインで行われており、結果として悪用された訳ですが、昔のビットコインには匿名性がありました。

もともとクリプトカレンシーは匿名性があり、ビットコインは絶えず自由を約束してきたのですが、今はその自由が揺らいでいます。

追跡ツールが出来て以来、どのアドレスからどのアドレスに何ビットコインが送金されたのかまで判明出来るようになりました。

例えば、ビットコイン取引のトランザクションIDをコピーペーストして検索すると、取引情報が出てくるので、元々ビットコインにあった匿名性が既になくなってしまったのです。

仮想通貨取引所にKYCを出さなければコインを買うことが出来ないとみんな思っていますが、クリプトカレンシーはもっと世界を自由に飛び回って行き来する自由な物なのです(以前は仮想通貨取引所を一切使わずに仮想通貨取引をすることが出来た)。

そのサトシ・ナカモトが宣言したビットコインが絶えず約束してきた自由を私達Qurasが再現しようとしているのです。

匿名通貨Quras独占取材!〜第2回「匿名通貨Quras誕生の経緯について」〜に続きます。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

匿名通貨Quras独占取材!〜第3回「既存の匿名通貨とQurasが異なる点について」…

個人情報は個人で管理をしていく時代が将来必ずやってきます。プライバシーの保護は、ヘルスケアの分野や金融、イン…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(…

ブロックチェーン技術を用いた、新時代のインターネット「Uniqys Project(ユニキス プロジェクト)…

COSPLAY TOKEN独占取材!〜第5回「『COSPLAY TOKEN』のロード…

世界のコスプレ市場は、年15%成長のアクティブな市場です。コスプレ衣装だけでも、年間2兆円の産業で、コスプレ…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア